堅実女子ニュース&まとめ 接種証明書アプリの登録は簡単!iPhoneヘルスケアやウォレットにも連動してみた

昨日から話題をさらっている、新型コロナウイルスのワクチン接種を証明する、政府発行のアプリ。条件さえそろえば驚くほどサクッと簡単に証明書が発行でき、しかもiPhoneに連動する楽しい裏技まで教えてもらったので、ご紹介します。

【新型コロナワクチン接種証明書アプリ】
iOSはこちらから
Androidはこちらから

証明書発行は条件がそろっている必要アリ

まずこのアプリの大前提からおさらいすると、政府公式の新型コロナワクチン接種証明書アプリで、日本国内用、海外用の証明書をアプリで提示できるというもの。

アプリ上で証明書を発行するには、いくつかの条件が必要です。

■マイナンバーカードを所有していること
■マイナンバーの券面事項入力補助用の暗証番号(パスワード)を覚えていること
■海外用の発行にはパスポートを所有していること

この3つを揃えていても、このアプリで証明書が発行できない場合があります。

■マイナンバーカードに旧姓併記がある方
■パスポートに旧姓・別姓・別名併記がある方
■パスポートとマイナンバーカードの氏名表記が異なる方

また、アプリの証明書は各自治体が発行するため、ワクチン接種の途中で引っ越した人は、1自治体につき1枚の証明書を発行する必要があるとか。2回を別々の場所で行った人は、それぞれの自治体から1回接種済の発行をするようです。

まだ対応していない自治体もあるようなので、詳しくはデジタル庁の「よくある質問」ページをご参照ください。

アプリをダウンロードして基本は指示通りでOK

上記の条件をクリアしたら、いざアプリをダウンロードし、インストール開始です。

アプリを開き、マイナンバーカードの所有など、前の段落で書いたような条件の但し書きを読みながら「次へ」をひたすら押していくと、利用規約の関する説明と同意のチェックボックスがあり、チェックを入れるといよいよ登録開始です。

用途の選択では「日本国内用」と「海外用」のいずれか、あるいは両方を選ぶことができます。筆者はとりあえず両方のボタンを押したので、ボタンが右色になりました。

まずマイナンバーカードの暗証番号を入力すると、これからマイナンバーカードの読み取りを始めるよ~という予告ページが出てきますす。マイナンバーカードを用意し、「読み取り開始」ボタンをタップしてから読み取りが始まるので、慌てなくても大丈夫です。

カードに端末をかざしてという指示が出ます。
すぐさま読み取り終了

マイナンバーカードに端末(スマホ)をかざすと、あっという間に画面にマイナンバーに登録されていた個人情報が表示され、読み取り完了。念のため、情報が間違っていないか確認し、おかしい箇所があったら「もう一度読み取る」ボタンをタップしましょう。

「海外用」も選択していたので、同様に次はパスポートの読み取りです。顔写真があるページを枠内に入れるように撮影します。

ちなみに、この読み取っている図を撮影するためにパスポートを床に置いて撮りましたが、パスポートのコーティングがテッカテカで天井のライトが反射するわ、パスポートがすぐ閉じそうになる(ので足で抑えている)は、なかなか大変でした。パスポートを片手で立てた状態で持って撮影するほうがやりやすいと思います。

読み取りさえすれば、こちらもサクッと登録は完了です。

アプリでの証明書の発行自体は、わかりやすいナビゲーションに、マイナンバーやパスポートからの情報読み取りもすばやく、驚くほどあっさり終了しました。

えっ、iPhoneヘルスケアやウォレットに連動できるの?

さて、あまりにもすんなり接種証明書が発行できて気分よくTwitterを眺めていたところ、筆者のゲーム友達が、iPhoneに接種証明書アプリから連動できる、とつぶやいているのを発見! えー、何それ!面白そう!と思い、やり方を詳しく教えてもらったので、ご紹介します。

ちなみにiPhoneのヘルスケアやウォレットに連動したところで、今のところ何かに役立つというわけではありませんし、 接種証明書アプリで推奨されているわけでもないので、「そんなこともできるんだ~!」くらいの軽い気持ちで参考にしていただけると幸いです。

まず今回使用するのは、iOS15の新機能である「写真の中のQRや文字を認識する機能」です。事前に1か所、設定を変更する必要があります。

iPhoneの「設定」→「一般」→「言語と地域」→「テキスト認識表示」をオンにする
この「テキスト認識表示」をオンにすると「テキスト認識表示をオンにしますか?」というポップアップが出るので「オンにする」をタップ
次に「接種証明書アプリ」を開き、さきほど発行した証明書をタップ
「二次元コードを表示する」をタップ
表示された二次元コードのスクリーンショットを撮り、「写真」に保存する
「写真」アプリを開き、先ほどスクリーンショットした二次元コードの画像を開き、その画面上で指で長押しすると「ヘルスケアで開く」という表示が出てきます
「ウォレットとヘルスケアに追加します」という確認画面が出てくるので、下のほうにある青地の「ウォレットとヘルスケアに追加」をタップ
ウォレットの中に「ワクチン接種カード」という項目が増えました
全く使いみちが思いつきませんが、開くとこんなカードです
ヘルスケアの中にも接種記録が増えました

Apple Watchを使っているかたは、そちらにも連動できるようです。完全にウォレットやヘルスケアに連動したところで「だから何」状態なのですが、iOSの新しい機能を使って「おお!」と楽しみたい方にはおすすめです。

さて、ここまでで察しのいい方はお気づきだと思いますが、接種証明書アプリの二次元コードを他人が読み取った場合も、ヘルスケアやウォレットに連動できてしまいます。そこに表示されるのは、名前と接種日、ワクチンの種類と二次元コードくらいですが、あまり気分が良いものではないですし、悪用につながる可能性の有無が現時点では明確ではないので、二次元コードをそのまま気軽にSNSにアップしたり、むやみに他人に見せたりしないほうが無難でしょう。