堅実女子ニュース&まとめ ドラマ『失恋めし』は、クスっと笑えて元気になる!広瀬アリス単独インタビュー【前編】

関西ウォーカーに連載されたコミックエッセイを映画『勝手にふるえてろ』『私をくいとめて』の大九明子監督が実写ドラマ化した『失恋めし』が、1月14日(金)からAmazonプライム・ビデオで全10話一挙配信されます。

主人公のイラストレーター、キミマルミキを演じるのは広瀬アリス。エッセイ漫画「失恋めし」を連載するミキは今日も街で失恋エピソード探し。そんな彼女が出会う失恋した人びとと、傷ついた心を癒す思い出の味。実在する飲食店で撮影された人気メニューにも目移りする新たな“飯テロ”ドラマです。広瀬アリスさんに、お話を聞きました。完全単独インタビューです!

(プロフィール)
広瀬アリス(ひろせ・ありす)1994年12月11日生まれ、静岡県出身。2008年、映画『死にぞこないの青』でデビュー。主な出演作は、NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』『知ってるワイフ』『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』等のテレビドラマ、『AI崩壊』『サイレント・トーキョー』『地獄の花園』等の映画。『劇場版 ラジエーションハウス』が2022年4月29日公開予定。

『失恋めし』(c)木丸みさき・KADOKAWA / ytv

『失恋めし』
●原案:大丸みさき『失恋めし』(KADOKAWA/刊) ●監督:大九明子 ●脚本:今井雅子 ●出演:広瀬アリス 井之脇海 杉村蝉之介 臼田あさ美 安藤ニコ 若林拓也 ほか各話ゲスト  ●1月14日(金)Amazonプライム・ビデオ一挙独占配信スタート〈全10話〉

【Story】
フリーペーパーでエッセイ漫画「失恋めし」を連載するキミマルミキ(広瀬アリス)。失恋とその傷ついた心を癒すおいしい食べものについての物語を描くため、今日もネタ探し。彼女を取り巻くのはフリーペーパーを発行するSTO企画の社員、1号(村杉蝉之介)、2号(臼田あさ美)、3号(安藤ニコ)や、そこに出入りする弁当屋の配達員、ハラハチ(若林拓也)ら。そしてミキは、街で出会った花屋の青年(井之脇海)に心惹かれるが……。

古着ちっくなファッションや帽子が役へのスイッチ

――最初に『失恋めし』の台本を読んだときの感想から教えてください。

「すごく面白いと思いました。失恋ってネガティブなイメージがありますけど、読み終えたあとに、なぜか、ほっこり。それにプラス、監督のつくる世界観が好きで、どういう女の子が描かれるのかがとても楽しみでした。

登場するキャラクターも基本的にみんな濃いんです。それもあって、早くクランクインしたいなと思ったんです」

――大九監督の描く女の子って、なぜあんなにかわいいのでしょう?

「まず、撮影は細かくカットを割らず、ほぼすべて長回しです。だいたいの行動だけを教えてもらって、あとはご自分でどうぞ、役者の癖やミスもそのまま使います、みたいなスタンスです。

なので役者は台本に書いてある通りに動き、それで気持ちももちろん動いていく。それを細か~く、繊細に映してくださいます。

ご一緒させてもらって思ったのは、やっぱり女の子の心情の変化を繊細にカメラに収めていくから、登場する女の子がかわいい思えるのかなと感じました」

――臼田あさ美さん演じる2号さんや若林拓也さん演じるハラハチ君を見ていると、役者をのびのびさせる方なのだろうと思ったのですが?

「あの二人は特にそうかもしれないです(笑)」

――ミキのファッションはいつも、個性的な着こなしです。イラストレーターというキャラクターをつかむのにプラスに働きそうですが?

「ちょっと古着ちっくなファッションだったので、それはありがたかったです。帽子も、役へのスイッチのひとつでした。

あと、ミキはご飯を食べるときに髪の毛を縛るんです。後ろでお団子にしちゃうんですけど、あれはふだんの私の癖です。

それで撮影のとき監督に、“ご飯を食べるときに髪を縛りますか?”と聞いて、いつも通りにお団子にして。そのまま、“オッケー、これ使いま~す!”とおっしゃっていただきました」

――そんな風に、役者さん自身の癖をキャラクターに活かすんですね!

「本番中に、私が本気で道を間違えて戻ったこともありました(笑)。左に行かなきゃいけないのに、右に行っちゃって。あぁダメだ! とか言って戻ったのも、そのまま劇中に使われてます」

――前歯に長ネギがついちゃってた! みたいなドジとか、漫画表現らしい面白さの、実写への昇華の仕方もかわいいですよね?

「舌でネギをなめて“おいしい~”って言ったりするんです(笑)。そのあとカメラが引いて、私が手を洗ってるんですけど、あそこもず――っと長回しで。いつカットがかかるんだろう? と思いながら演じていたんです」

――基本的に、台本に書かれたやりとりが終わっても、なかなかカットがかからないのでしょうか?

「長いときは、すごく長いです。パッと切るときはパッと切りますけど。ミキっぽいというか、大九さんの世界観らしいなと思ったのが、ネギをペロッと食べて、“ああ、やっちゃった。だから(花屋の青年に)あんな顔されちゃった!?”じゃなくて、“おいしい”って言っちゃうところですよね。

あ、そっち!? みたいな(笑)。そこがミキのかわいらしさというか、大九さんの描く女の子の世界観なのかもしれません」

1 2