堅実女子ニュース&まとめ アメリカでは「メリークリスマス」は使わない!? ホリデーシーズンに使える英語フレーズを紹介

「メリークリスマス!」や「よいお年を」など、この時期には“お決まり”の挨拶がありますよね。今回は、ホリデーシーズンに使える便利なフレーズをピックアップ。あわせて、コロナ禍の今だからこそ使いたい、大切な人を思いやる言葉もご紹介します。

日本ではよく使われる「メリークリスマス!」が、アメリカではNGってほんと?

「Merry Christmas」に要注意⁉

日本においても、非常にポピュラーなクリスマス。キリスト教徒でなくとも、家族や恋人と共にパーティーを楽しむのが一般的ですね。24~25日にはつい「メリークリスマス!」と挨拶してしまいますが、アメリカのように多宗教&他民族な国では少し配慮が必要になります。

実際に、最近では多様性を重んじて「Merry Christmas」ではなく、「Happy Holidays」のほうが多く使われる傾向に。「Happy Holidays」であれば、相手がどんな宗教、思想であっても問題なく使えますね。

移民の多い国においては、人々の信じる宗教もさまざまです。誰に対しても使える言葉を覚えておくとコミュニケーションをとるうえで役立つでしょう。

「今年を振り返る」を英語で言うと?

年末は、その年を振り返る良いタイミングです。「今年を振り返る」は、英語で「reflect back on this year」となります。

コロナパンデミックの影響が続いた2021年は、多くの人にとって“挑戦”が必要な一年となったことでしょう。しかし、このような状況下でも人々は光を見出し、難しい局面を乗り越えてきました。

「パンデミックへの挑戦があったにも関わらず」は、英語で「Despite the challenges of the pandemic」。少し長いですが、簡単な単語で構成されているので覚えやすいですね。

例)Despite the challenges of the pandemic, we remained strong and positive.(パンデミックへの挑戦があったにもかかわらず、私たちは強くポジティブでいました)

変化の多い難しい日々を、手探りながらも乗り越えてきた私たち。年末はこの頑張りをお互いに労いましょう。

★キーワード
Despite:にもかかわらず

1 2