堅実女子ニュース&まとめ 2022年収入アップのために!30代の2人に1人がチャレンジしたいこととは?

2022年新たな年の幕開け、皆さんは今年の抱負として、チャレンジをしてみたいことはありますか?中には、収入アップを目指す人もいるのではないでしょうか。

フランチャイズWEBリポート」は、収入アップのために2021年に挑戦したこと、2022年に挑戦したいことについて、会社員(公務員を含む)男女2123人を対象に「収入アップの取り組み」に関するアンケート調査を実施。収入アップのため、2021年から新たに始めたものが明らかとなりました。

新たなチャレンジをした人は全体の2割強!

20代の約半数は2021年収入アップにチャレンジ!

まずはじめに、「2021年収入アップのためチャレンジしましたか?」という質問を投げかけたところ、23.5%が「ある」と回答しました。そこから年代別でチャレンジした人を見ていくと、20代が48.2%と約半数となり、50代では16.3%と若い層に新たなチャレンジした人が多いことがわかりました。

昨年は2020年に引き続き、コロナ禍により仕事やプライベートまで、さまざまな影響をもたらしたことでしょう。社会人歴が浅い20代は、現在の収入や先への不安から、収入アップに向けた取り組みをしていた人が多かったのかもしれませんね。

収入アップへのチャレンジは「副業」が全体の約半数!

40代は転職での収入アップを目指す人が1割程度いる結果に!

続けて、「2021年収入アップのため新たなチャレンジをした」と回答した269人を対象に、どんなことで収入アップを目指したのかを聞いてみました。

その結果、全ての年代で最も多かった回答は「副業」となり、次いで「資格取得やスキルアップ」、「投資」という結果に。続く2位・3位にランクインした「資格取得やスキルアップ」と「投資」は、どの年代も大きな差がなく、全体的に副業を始めた人が多いようですね。

具体的な副業の種類では、「ポイ活」や「フリマサイトでの販売」、「Uber Eats」などが挙がりました。

5万程度の収入があった人が多い結果に!

40台以上は100万以上稼ぐ人も!

「実際どの程度の収入アップしたのか」という質問に対しては、30代、40代、50代では「1万円以下」、20代は「1万円〜5万円」が約半数を占めました。

収入アップで欲しいものがゲットできるかも…?

 年代により金額に変動はあったものの、約7割が5万円以下の収入アップであったことを回答。さらに年代が上がるにつれ、10万円以上の収入アップしている人が増える結果になりました。副業に選ぶもので、収入に違いがあるのかもしれませんね。

新たなチャレンジをして良かったとの回答が約9割!

20・30代は100%「よかった」と回答!

では、2021年収入アップのため新たなことを始めた人に、「始めて良かったと思いますか」と聞いたところ89.3%が「よかった」と回答。ほとんどの人が新たなチャレンジに満足しているようです。特に20・30代では、100%という結果になりました。20・30代は、他の年代に比べて副業にチャレンジした割合が多く、新たな道が開けたという人もいるかもしれませんね。

2022年も副業を希望する人が最多に!

2021年と比較すると30代の転職希望者もいるよう!

最後に「2022年収入アップのためチャレンジしたいこと」について尋ねてみました。その結果、全ての年代で「副業」が最多に。今ある環境を変えることなく、手軽に始められる副業を希望する人が多いようですね。

また40代以上では、「転職」や「独立」などの選択も見受けられました。これまでの仕事に一区切り付けて、新たな境地を目指す人も中にはいるようです。

2021年は、新たなチャレンジとして副業を選ぶ人が多い結果となりました。また2022年も引き続きチャレンジへの意向を示すなど、本業に加えて新たな収入源を確保したいと考えている人が多いようです。新年明けて、新たなことへの挑戦を検討している人は、今回の結果を参考にしてみて下さいね。

【調査概要】

調査内容:「収入アップの取り組み」に関する調査

調査方法:ネットリサーチでのアンケート調査

調査期間:2021年12月1日〜2021年12月4日

調査対象:20代~50代の会社員男女2123人