堅実女子ニュース&まとめ 同棲中の彼がうつに…。日常の中で女性が感じた最初の違和感とは【前編】

他の精神疾患の名称は知らなくても「うつ病」を知っている人は多い。うつ病は気分障害といわれる精神疾患の1つで、厚生労働省のサイトでは「一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった精神症状とともに、眠れない、食欲がない、疲れやすいといった身体症状が現れ、日常生活に大きな支障が生じている場合、うつ病の可能性があります。」との説明がされています。

今回は一緒に暮らしている彼氏がうつ病になった女性に話を聞きました。

社内の誰からも慕われていた彼の長所は「聞き上手」

久乃さん(仮名・33歳)が付き合っている男性・陽太さん(仮名)と出会ったのは今から6年ほど前に、会社の先輩として。出会ったときには陽太さんは既婚者だったものの、出会って半年ほど経ったときに離婚。陽太さんの離婚原因には久乃さんは関与していません。

「私は転職で彼が働く会社に入りました。そのときにはすでに別居状態だと噂に聞いたことがあります。離婚原因はザックリ言うと性格の不一致だそうです。どちらかの浮気などではないので、慰謝料はなしで子どももいません。

付き合ったのはそこから4年ほど後です。私はパンフレットなどの紙媒体に加え、ホームページなどのウェブ媒体などのデザインの仕事をしていて、会社を辞めてフリーになった後から付き合いだしました。今から2年ほど前です」

10人弱の小さな会社の中で陽太さんは営業兼進行管理、さらにはみんなの調整役なども担っていたとか。出会ったときから久乃さんは陽太さんのことを「聞き上手」と、異性としてではなく人として好感を持っていたとのこと。

「私より4つ年上だったけれど、社内では真ん中ぐらいの年齢だったのに、年下はもちろん年上の人からも慕われていました。聞き上手っていうのかな。この人ならちゃんと話を聞いてくれるって思わせるんです。実際にちゃんと聞いてくれますし。

付き合ってからは会社では隠していただらしない部分もあったんですけど、いつも私の話には耳を傾けてくれていました」

最初の違和感は、まったく話を聞いてくれなくなったことそして…

1 2