堅実女子ニュース&まとめ “釣った魚にエサをやらない”はやっぱりダメ!「彼氏への気持ちが冷めた瞬間」ランキング

大好きだった彼氏への気持ちが、ふと冷めてしまう。よく「恋愛の賞味期限は3年」と言われますが、そんな経験は多くの人があるのではないでしょうか?

今回、ウェブスターマーケティング株式会社が運営する「LoveMA」( https://lovema.jp/ )では、彼氏に冷めた経験がある女性500人を対象に「気持ちが冷めた瞬間」についてアンケート調査を実施。さらに冷めてからの“その後”についても調査しています。

「他の女性を褒めて、私をけなす」日本人男性の悪しき習性は改めるべき!?

「彼氏への気持ちが冷めた瞬間」についてアンケートを実施した結果、ランキング上位は以下の結果となりました。

友人などの前で自分の彼女や妻を“下げる”男性、日本ではとても多いです。

2位と約100人の差をつけてぶっちぎり1位となったのは「大切にされていない」(180人)。寄せられた具体的な意見としては、「先に約束してた自分よりも、友達を優先されたとき」(20代 看護師)、「大切な話をしているときにスマホゲームを始めたとき」(30代 講師)、「他の女性を褒めて、私をけなしたとき」(40代 事務職)といったものがありました。

交際前や直後は大切にしてくれるのに、しばらく経つと扱いがぞんざいになることを「釣った魚にエサをやらない」と言われますが、日本人男性にはそのタイプが多いのでしょうか。男性側からすると信頼している彼女だからこそ「これくらいは許されるだろう」という甘えもありそうですが、それを許容できる女性は男性が考えている以上に多くはないようです。

これに続くのは「性格・価値観が合わない」(86人)。具体的には「クールで大人っぽかった彼が甘えてきて、そのギャップに冷めた」(20代 デザイナー)、「自分の価値観とは正反対の意見を悪びれずに言われたとき」(30代 自営業)、「頼りなく感じたとき」(40代 パート)といったものがありました。これらの意見をみると、交際直後には分からなかった彼氏の弱い一面、意外な一面が見えた時に「合わない」と感じることが多いようですが、これも彼氏が信頼しているからこそ弱い一面をさらけ出すようになったようにも感じます。それをプラスに考えられる人もいるかもしれませんが、多くは「気持ちが冷めた」となってしまう。なかなか厳しい現実です。

1 2