堅実女子ニュース&まとめ 40歳で会社員を卒業!お金や時間の使い方は?注目のセミリタイア生活を聞いてみた【前編】

綾子さん(42歳・仮名)は、近頃話題となっている「セミリタイア」組の一人。40歳で会社を辞めました。

会社員時代はバリバリ働きまくり、お正月もお盆も、GWでさえも休む暇がなかったそう。働くのが大好きだったと語る彼女が、なぜ会社を辞めたのか、そしてセミリタイア後の生活について聞いてみました。

すべてを仕事に捧げていた20代

「専門学校を卒業後、デザイナーとして働いていました。キャリアウーマンになる気なんてサラサラなかったのですが、仕事をし始めたらその面白さに気づいちゃって。20代はとにかく仕事一色の日々を送っていたんです。

当時は労働基準法が…と今ほど厳しくなかったので、終電帰りや泊まりなどしょっちゅう。もう一度同じことをやれと言われても今はムリですけれどね。20代の私にはすごく刺激があって、アクティブな毎日でした。

そこで根性も実力も身につきましたし、メンタルも鍛えられました。キツイ職場でしたけど、仕事をする上での基盤は全てここで培ったと言っても過言ではありません」

しかしながら、その会社はのちに倒産。30代に突入した数年後、転職を余儀なくされるのでした。

「イケイケな会社だったんですけど、約10年前になくなってしまいました。私はそこで育ったから何の違和感も抱きませんでしたが、やり方が完全に昭和。2010年以降の現代には合わないような体育会系っぷりだったんです。

まぁ、いわゆるブラック企業ってヤツです(笑)。お給料は良かったですけど、その分すごく厳しいし、キツめ。だから若いコが居つかず、新たな戦力が入らない状態が続いてしまい…。

デザイン関係の会社も今はどんどん増えているじゃないですか。競争に負け、私たちはみんなバラバラになってしまったんです。

倒産後はちょっと“燃え尽き症候群”みたいになり、あまり職探しにも身が入らずで。でも働かなきゃならないから、とりあえず中小企業に絞って再就職することにしたんです。あれは33歳の時でした」

1 2