堅実女子ニュース&まとめ 食事だけ?その先もある? 複数の人とデートしながら本命を探す「デーティング」事情

海外では、付き合う前にいろいろな人とデートをして本命を見極める「デーティング」期間を持つ人が多いって知っていますか? 告白をして付き合うという文化がない海外ならではの習慣ですが、最近は日本でも「デーティング」期間を設ける人が増えているのだとか。

特にマッチングアプリやSNSを使った婚活を行っている人は、同時に複数の異性と連絡を取り合って、デートを続ける人が多いようです。今回はウェブスターマーケティング株式会社が運営するLoveMA(ラブマ)が行った調査を元に、日本のデーティング事情について調査してみました。

デーティング経験者は58%、20~30代は6割越え

付き合う前の「デーティング」について、20~60代の男女300名に行った調査によると、「経験したことがある」という人は全体の58%と過半数を超え、特に若年層ほど多いことがわかりました。確かに、知り合って間もない相手とは、付き合う前に何回かデートをして、人柄や価値観を知るのは大切なことなのかもしれませんね。

20~30代ではデーティング経験者の方が多い一方、40代以降は未経験者が半数以上。

デーティング期間は1か月以内が46%

デーティング期間はどれくらいが多いのでしょう。海外では半年~1年くらい続くカップルもいるようですが、日本人は比較的早くはっきりさせる傾向があるようで、最も多かった回答は「1ヶ月以内」で45.7%。2位の「1~2ヶ月」(35%)を含めると、ほとんどの人が2か月以内で本命を決めていることがわかりました。

3カ月以上「デーティング」期間を続ける人はわずか5%弱。

ではデーティング期間の間、どれくらいの回数デートをするのでしょう。また、その間どのくらいまで関係を進展させているのでしょう。

1 2