堅実女子ニュース&まとめ 婚活デート3回目を成功させたい!心掛けや会話のコツを解説

婚活デートは3回目が重要といわれています。3回目のデートに誘われたなら、相手はあなたに興味がありもっと知りたいと思われていると考えてよいでしょう。3回目のデートを成功させるための心掛けと会話のコツを解説します。

婚活デートは3回目が重要!なぜ?

(出典) pexels.com

婚活デートでは1回目は顔合わせ、2回目はお互いを知り、3回目はこれから先を考えるといわれています。その理由を紐解いていきましょう。

結婚前提のため進展が早い

そもそも婚活ではお互い結婚を前提として相手を探しているため、ただ何気なく「恋人がほしい」という男女の出会いより決断が早い傾向があります。

さらに、婚活を始めている人は「何歳までに結婚をしたい」と意識している人が多いようです。

自分の将来設計を具体的に考え、何歳までに子どもがほしいやどのような生活をしたいかを明確に考えているため、お互いの価値観さえ合えば関係はスムーズに動くでしょう。

今後につながるかどうかの分岐点

婚活の3回目デートは、あなたと結婚を考えて交際を進展させるか考える分岐点になります。

1回目は、お互いに初めてで緊張感もあり第一印象が強く残るでしょう。2回目になると、会話が弾みお互いを知って、なんとなくでも感覚や相性が合うのではと判断できるようになります。

3回目のデートでは、相手も真剣なお付き合いを視野に入れていると考えられるでしょう。デートでは、あなたも相手のことを結婚前提にお付き合いできそうかきちんと見極める必要がありそうです。

3回目の婚活デートにおすすめのプラン

(出典) pexels.com

婚活デート3回目は、お互いの気持ちを深く知るために、今までとは違ったデートプランを計画しましょう。長い時間を過ごすことや、夜のデートを満喫して好意をアピールし、話しやすい雰囲気をつくることをおすすめします。

女性からデートに誘ってもOK

3回目の婚活デートは、相手の興味があって一緒に楽しめる場所へ行きましょう。

デートに誘うときに、これまで相手が行きたいと言っていた場所を選べば、よい返事が期待できます。「自分の話をしっかり聞いてくれた」「自分に興味があるんだろう」とあなたのことをポジティブに受け止めてくれるでしょう。

女性から婚活デートに誘うのは積極的すぎて嫌われるのではと不安になりがちですが、デートに誘うとき性別は関係ありません。

男性の中には、女性に奥手な人や異性とコミュニケーションが苦手な人も多いようです。婚活デートに誘われるまで待っていては、出会う機会を逃してしまいます。気になる人がいたら、躊躇せず連絡を取ってみましょう。

1回目と2回目より長い時間一緒にいる

3回目のデートはお互いの距離を縮めるために、2回目のデートより長い時間を過ごしましょう。

例えば、会話が途切れず2人で楽しめる体験型の場所や水族館、観光地、ドライブをしたり個室のあるレストランを予約したりするのもおすすめです。

自分の考えるデートプランだけでは、相手が楽しめそうか不安になるならば、事前に質問をしてみましょう。お互いが行きたい場所であれば、きっとすてきなデートになります。

夜のデートでムードたっぷりに

婚活デート3回目は、1回目や2回目と違うプランを立てましょう。

お互いの心の距離を近づけるきっかけづくりのため、行ったことがない場所や夜のデートの計画もおすすめです。夜景の見える店やお酒を飲めるレストランなら2人のムードがよくなり、どこかオープンな気持ちにさせます。

3回目の夜デートの注意点は、相手の都合に合わせてデート時間を考慮することです。会話も弾み、よいムードならば早めに切り上げすぎず、翌日の仕事が早い場合は、遅くなりすぎない時間に解散するのがよいでしょう。

お泊まりまでは控えよう

3回目にお泊まりデートは、相手と長い時間が過ごしたいだけだとしても、やや性急な印象を与えます。

結婚を意識していればこそ相手と出会い、デートを重ね、お互いを知ってからお付き合いを始める段階を丁寧に踏んでいくことが大切です。真剣に相手のことを思う気持ちがあるならばお泊まりデートは先延ばしにしましょう。

お泊まりを誘われた場合も、まだお泊まりデートの段階ではなく、お互いを知ることを優先したいときちんと伝えることが大切です。

3回目の婚活デートで告白しない男性心理

(出典) pexels.com

3回目の婚活デートで告白されないと「自分には興味がないのかも」と思ってしまいますが、それはあなたのせいではありません。考え方はそれぞれあるため男性の心理を把握すればきっと納得できるでしょう。

「デート3回目」を重要視していない

一般的に3回目の婚活デートは重要と考えられる傾向があるものの、全ての男性がデートの回数を重要視しているわけではありません。好きだと強く思えば、1回目のデートで告白していることもあります。しかし、とくに回数を重視していない男性の場合は「もっとお互いを深く知ってから告白しよう」と思っている可能性もあるのです。

婚活デート中に相手の話や行動、LINEのやりとりであなたに興味があるかを見極められることもあります。デートの誘いがある場合は、「あなたとまた会いたい」という意思表示です。落胆せず、長い目で関係を築きあげましょう。

恋愛経験が少なく告白のタイミングが分からない

恋愛経験が少ない場合は、婚活デート3回目で告白しないこともあります。

婚活に参加している人の中には、今までで出会いが少なかったという理由の人もいます。婚活デートをしていると既にお付き合いが始まっていると思い込んでいる場合があります。

また、恋愛経験が少なくて、何度目のデートで告白すればいいか、タイミングが分からないだけなのかもしれません。

婚活デート中に、目を合わせて話さない・ボディタッチがぎこちない・なるべく近づくのを避けると感じたら、恋愛経験が少ない可能性があるでしょう。

デートの回数が多くなっていても告白しない場合は、直接結婚を考えたお付き合いなのか、相手に聞いてみてもよいでしょう。

好意はあるものの慎重になっている

3回目の婚活デートで告白されないのは、気持ちに確信が持てるまでデートを重ねていきたいと慎重になっている場合があります。

結婚を考えたお付き合いとなると、告白が成功するか自信が持てるまでデートを続けたいと思っているかもしれません。

婚活デートで、そっ気ないそぶりや隣に立つときにお互いの距離があるなど、相手に遠慮しすぎるため、好意があるように見えないのかも知れません。

あなたからアピールを増やして、相手に自信を持たせましょう。相手に好意があり自分も好意があるときは、分かりやすいアピールが告白のタイミングを近づけます。

3回目のデートは会話の内容も重要

(出典) pexels.com

結婚を考えるには価値観は大切です。3回目の婚活デートは、話す内容によってはデートが成功するか決まることもあるので気を付けましょう。

お互いの結婚観について軽く触れる

3回目のデートで具体的すぎる結婚の話は注意が必要です。

例えば、結婚前提のお付き合いをする前に、親との同居の有無や2人の新居の場所、結婚式の方法などを聞けば、あなたの気の早さに驚いてしまうかもしれません。

この人と交際すると結婚しなければいけないとプレッシャーになり、結婚の話がお断りの原因になる場合もあるでしょう。

まだ告白されていないのであれば、2人の気持ちが通じ合うまで個人的な質問は控えましょう。結婚については軽く、理想の家庭、仕事や子どもについて、価値観について話しておくことは必要です。

ただし相手が話す結婚観に共感できなくても、否定しすぎないように注意します。柔軟な回答ができると、結婚してもお互いに話し合えるよいイメージになるでしょう。

価値観が合うかどうか見極める

結婚を考える相手は価値観が合うかを3回目のデートで見極めていくとよいでしょう。

一般的に育ってきた環境が近ければ、共通点が多く価値観も似通いやすいとされます。例えば、お金の使い方や食生活、仕事や趣味を優先するかを観察してみると違いに気が付きます。

お金は特に価値観の違いが表れ、結婚後に趣味ばかりにお金をかけている人では生活に不安を感じ、あなたのお金の使い方に指摘するようなことがあれば、ケンカの種になります。

デート中にさり気なく相手の価値観を探る質問を投げかけてみましょう。

3回目の婚活デートで心掛けること

(出典) pexels.com

3回目の婚活デートでは、相手に気持ちが伝わるようストレートにアピールするとよい結果につながるでしょう。婚活デートで心掛けたいポイントを紹介します。

言葉や態度で好意を示す

3回目で告白してほしいと考えるなら、女性側も相手が告白しやすい雰囲気をつくるか、自分から伝える勇気を持ちましょう。

男性は女性の気持ちに鈍感な人もいます。あなたが好意を意思表示しないと、気づかない場合があるからです。

例えば、見つめる回数を増やしてドキドキを感じるようにする、一緒にいて楽しい、あなたのことをもっと知りたいなど、相手が言われてうれしい言葉を使いましょう。

お互いの気持ちを確かめる前なので、自分の気持ちを言いすぎてしつこいと思われないようにして、目を見てお互いに微笑み返す程度が好印象です。

他人の悪口や愚痴は言わない

3回目のデートになると緊張も溶けて、仕事の話や友達、家族の話をするでしょう。そのときに悪口や愚痴は言わないようにしましょう。

人の悪口や愚痴はあまり気分がよい話ではありません。結婚後もこんな話をずっと聞かされるのかとネガティブなイメージになります。婚活デートの大切な2人の時間を楽しみたいという雰囲気もなくなります。

男性は仕事の話になるとつい力が入り、エスカレートして同僚や上司の愚痴にならないよう気を付けましょう。

告白しやすい雰囲気をつくる

3回目の婚活デートで告白してほしいと思っている場合、あなたの気持ちをアピールし、雰囲気をつくって背中を押しましょう。告白するのは、男性も女性も勇気がいります。

もし好意があると感じ取れたら、相手も安心できます。そのためには、デートをする前からの準備が大切です。LINEや電話などでデートは楽しかった、また会いたいと伝え、スタンプを使うなど意思表示をします。

あなたからデートを誘ってみるのもいいアイデアです。好意を持っているとわかると、相手は自信が持てます。

婚活は複数の人と同時にデートをしている人もあるため、よい印象がなければ告白せずに終わってしまうかもしれません。アピールは女性も大切です。

まとめ

婚活デート3回目は、お互いの気持ちに向き合う大切な分岐点です。通常の恋愛より進展が速いため気持ちが焦ってしまうこともあるでしょう。

男性も女性も同じように戸惑ったり悩んだりするものです。お互いの気持ちが伝わりやすい雰囲気や場所で会話をしましょう。

今まで気が付かなかった発見や価値観を知り、見極められれば告白をされる可能性につながります。女性でも相手に気持ちをアピールすることを忘れず、思いやりを持って婚活デートの3回目を成功させましょう。