【貧困女子】40歳・元中学教師、増加した16kgとダイエット借金生活~その1~

【貧困女子】40歳・元中学教師、増加した16kgとダイエット借金生活~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回お話を伺ったのは・森山真知子さん(仮名・40歳)。現在の職業は無職。2016年3月末まで、関東近郊の公立中学校の臨時採用教師として働いていました。担当科目は英語で、使命感に燃え、仕事に取り組んでいたと言います。

「東京・四谷にある大学を卒業し、1年間オーストラリアにワーキングホリデーに行きました。当時は就職氷河期だったし、ムリして就職活動しなくても、好きなことをして生きて行こうと思っていたところがあります。今みたいにネットがなかったから、旅立つときは親と今生の別れのように、成田空港で別れたことを覚えています。国際電話も今みたいに安くなかったですし。1週間に1回、ハガキを出すことを約束させられました。私はあるワイン農場で仕事を得たのですが、予想以上に困難の連続でした」

日本にいると有名大学を卒業した女性は、なんだかんだ言っても一目置いてもらえるし、それなりに大切に扱われる。それに仕事を始めれば、誰かがマンツーマンで教えてくれます。しかし、オーストラリアではそうではない。英語が話せないと、ずっと下働きになる。ひとたびそうなってしまうと、1日中誰とも話さず、草刈りや選別なども単純肉体労働を割り振られてしまう。

「私は自分は特別だと思っていたので、あえて日本人がいないところを選んで行ったのですが、それが大間違いでした。クルマがなければどこにも行けないオーストラリアで、農作業をする日々……住むところもあったし、給料は高かったのですが、ひたすら肉体労働をし、日本語を一切話さない毎日。大学で英語を専攻したものの、ほとんど話せないので、半年間ストレスがたまりやけ食いしまくり10キロほど増えてしまいました」

もともと太りやすい体質で、思春期はダイエットばかりしていたそうです。2リットルの水を飲み、リンゴやゆで卵だけを食べていた時期もあるといいます。

「当時は痩せている=美人だったんです。当時人気だった、鈴木蘭々さん、遠山景織子さん、あんじさん、市川実和子さん……みんなガリガリです。折れそうなくらい細いことが美人の条件だったのに、私は160cmで60kgくらいありました。骨太で太りやすく、両親もデブ。高校の時憧れていた先輩に“森山は太っているからな~”と言われてショックだったし、太っていることが死にたいくらいコンプレックスでした。オーストラリアに行ってよかったことは、みんなそこそこがっしり体型なので、私が小柄で華奢に見えたことです」

帰国して、恋愛する。その相手にやってしまったこととは……!?

1 2
占い 恋愛 婚活 キャリア 運勢 時短 不倫 美人探偵 恋愛講座 貧困女子 アプリ 結婚 その1 アラフォー 金運 浮気 浮気事件簿 恋愛運 アラサー セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。