堅実女子ニュース&まとめ 男性の4人に1人が「学生の頃にバレンタインデーでモテた」と回答!彼らは本当にモテていたのか?

ハロウィン、クリスマス、お正月…と、昨年より続いた季節イベントがようやく一区切り。が、街中には次なる季節イベントの商品が、ちらほらと目につき始めました。2月14日のバレンタインデーです。近年は友チョコの普及もあって“女性から男性への愛の告白”的な意味合いが徐々に薄れつつある感もありますが、それでも学生時代は本命チョコに一喜一憂した経験が、男女限らず誰でもあるのではないでしょうか?

年によって「チョコを1つももらえなかった」経験がある男子は6割以上に

そこで今回ご紹介するのは「ブラックサンダー」でおなじみ有楽製菓株式会社が、10代から50代の男女を対象に実施した「学生時代のバレンタインデーに関する調査」。こちらによると、学生時代にチョコをあげた経験がある女子は94.4%。男子は84.4%が学生時代にチョコをもらった経験があると回答しています。しかしそのうち、男子がもらった本命チョコの最高個数平均は1.7個。また年度によっては「1つもチョコをもらわなかった経験がある」と回答した男性は62.0%いました。つまり、年によっては本命チョコはもちろん、友チョコもなかった経験がある男性は決して少なくないのです。

女子が学生時代あげたチョコの最高個数は13.1個。大盤振る舞い!

また学生時代のバレンタインデーのエピソードとしては、男性側より「放課後に、貰えると思わなかった人からもらった」(27歳)、「学校の机にチョコが入っていて、友達に見つからないようにしまったけどバレてからかわれた」(48歳)、「家の2階から好きな子がチョコを持ってくるのではないかと覗いていました」 (45歳・男性)といった甘酸っぱい経験談も。学生時代のバレンタインデー、何だかんだで楽しそうです。

1 2