堅実女子ニュース&まとめ 10万円?100万円?…夢の宇宙旅行にいくらなら行ってみたい?

2021年は、多くの民間人が宇宙旅行を成功させました。昨年の12月には、実業家の前澤友作さんと関連会社の役員を務める平野陽三さんの2人が、日本の民間人として初めての国際宇宙ステーションに滞在する宇宙旅行を成功させ、大きな話題となったのも記憶に新しいところです。

前澤さんはYouTubeやTwitterなどで宇宙での生活の様子を投稿。宇宙旅行をより身近に感じられるきっかけになったのでは?

そこで今回は、 株式会社NEXERが運営する日本トレンドリサーチが全国の男女1,500名を対象に実施した「宇宙旅行」についてのアンケート結果をご紹介します。

宇宙旅行で行ってみたい場所1位は、やっぱり「月」!

事前調査で「宇宙旅行で行きたい場所がある」と回答した男女に、宇宙旅行で行ってみたい場所について、複数回答可で聞いたところ、71.3%と7割以上が「月」に行ってみたいということがわかりました。「火星」が24.8%、「土星」が12.1%と続きます。

いつも見上げている「月」から地球を見たらどのような景色なのか…ロマンチックですよね

「その他」の回答では、ウルトラマンの故郷である「M78星雲」や2006年に惑星から準惑星となった「冥王星」などが挙げられていました。また、「太陽系の外側に行ってみたい」「地球周辺を周回して地球を見たい」という意見もありました。

続いて、宇宙旅行の費用についても聞いています。現在は高額な費用が掛かると言われていますが、どのくらいの費用なら宇宙旅行をしてみたいと考える人が多いのでしょう?

手が届く価格なら行ってみたい?

「~10万円」と回答した人が一番多く、28.7%となりました。理由としては「だれでも宇宙に行ける価格帯にしてほしい(40代・男性)」「このくらいの金額で手軽に宇宙へ旅行ができるようになれば、安全で快適で、誰でも気楽に行ける世の中になっていそうだから(50代・女性)」といった声がありました。

2番目に多かったのは、「51~100万円」で20.3%。「宇宙旅行なら高額になるのは覚悟しているけど、出せるのがこれくらいまでなので(40代・女性)」「100万くらいなら海外旅行の感覚で行けるから(70代・女性)」などの現実的な意見が印象的でした。

「501~1000万円」や「1000万円以上でも行きたい」と、高額でも行ってみたいと回答した人からは「どの旅行でもそうですが、極端に高過ぎても希望が持てないし、逆に安すぎると宇宙船の耐性に問題が生じる場合も有り得るので、適度で理想的な資金で行けるレベルを決めました!(50代・男性)」「ある程度の危険は伴うし、訓練が必要だからある程度の値段はかかりそう(40代・女性)」といったコメントが。

一方で「行きたくない」と答えた人は「行ってみたいとは思いますが、絶対に帰ってこられる保証がなくて正直怖いからです(40代・女性)」「まだ誰でも簡単に行ける事はできず、訓練を受けてまで行く気なんてないから(30代・女性)」という不安な気持ちがあるようです。

やはり「できるだけ安いほうが良い!」という声が多いようですね。ただ安ければいいという理由だけではなく「安くなるということは安全に多くの人が行けるようになるということだから」という意見もありました。
一方で、「お金がかかってでも行きたい」という夢溢れる声や、「安すぎると安全性などが不安」というコメントもありましたが、みなさんはいかがでしょうか?

1 2