堅実女子ニュース&まとめ セカンド歴20年以上、本命になれない43歳。それでも私、幸せなんです【前編】

生涯未婚率があがり、おひとり様の人生を謳歌する人が増えているという今。40歳を過ぎてからが一番楽しく、華やいでいるという女性も多いと言います。今回は、おひとり様ライフを満喫し、今後もひとりで生きていこうと考えている佳恵さん(43歳・仮名)に、今考えている人生設計について話してもらいました。

43歳で人生を考え直した結果

43歳、独身。気づけば、人生を改めて考える歳になっていたという佳恵さん。

「実は私は今まできちんとお付き合いをして続いたことがない、いわゆる恋愛不適合者。普通の人が経験していないような、不倫、二股、略奪恋愛などは経験しているんですけど…。意外とセカンドという関係が心地よくて(笑)。それでもう普通の幸せな結婚は諦め、ひとりで生きていくことを決意したのです」

大手メーカーの一般職で20年以上働いている彼女は、本社の発注管理部門のお局の座を確立していると言います。

「仕事内容も給料も不満を言えばキリがありません。でも一応ひとりで生きていけるだけの稼ぎがあるし、社内ではそれなりのポジションを確立しているので、これを崩してまで新しい冒険をしようという気がなくて…。平日は仕事を頑張り、たまに退社後に飲みに行ったりして、休日は部屋の片づけ、リラックス、運動、友達と食事などをして楽しく暮らせているので、今とても充実した毎日が過ごせていると思います」

そんな彼女ももちろん、婚活をして、彼氏を作って恋愛を楽しもうと奮闘した経験が何度もあったと言います。

しかし、いくら頑張っても本当の恋愛は見つけられなかったそう。自分の気持ちに正直に行動するとうまくいかないので、いつしか恋愛をするときは、かなり自分を偽るようになっていたのだとか。

いつも本命になれない私。気持ちが重すぎると言われて…

「私、人を好きになると、本当はとことんのめりこむタイプなんです。

学生時代は、意中の彼ができると、とことんアピール。手作りのお菓子を作ったり、部活やサークルに差し入れを持って行ったり、買い物を手伝ったり、何とか一緒にいる時間を作ろうと尽くしてしまい、付き合おうと言われる前に気持ちが重いと言われてフラれることも多々ありました…。

でも私、人の世話をするのが大好きだから仕方ないんですよね。つい尽くしたくなる…そこをみんな中々理解してくれなくて」

尽くしすぎるが故に、利用されることも多々あり、結局、本命ではないのに、ダラダラと微妙な関係を続け、都合がいい女としていつもセカンドのポジションを渡り歩くような生活を続けるようになってしまったそう。

そんな時に現れた、自分を愛してくれる男性、それが20歳近く年上の上司だったようです。

「セカンドを抜けたいと思っていたのに、まさかの不倫にまで足を踏み込んでしまうとは…」

1 2