堅実女子ニュース&まとめ VRで世界中のバンクシー作品に出合える!「バンクシーVRストリート」を体験してきた

世界各地のストリートに作品を発表し続ける正体不明のアーティスト、バンクシー。現在、東京・原宿駅前の「WITH HARAJUKU」では、貴重なオリジナル作品を含む版画や立体オブジェクトなど、70点以上のバンクシー作品を展示する大規模展「バンクシー展 天才か反逆者か」が開催されています。

サザビーズで落札された瞬間、額物に仕込まれていたシュレッダーで裁断された「少女と風船」。 美術品を高値で取引するオークションに対するバンクシー流の挑発だったと考えられている。
いくつもの映像や写真からバンクシーのスタジオを再現。

展覧会は個人収集家のコレクションが集結する世界巡回展となっています。2018年からモスクワ、マドリード、香港、ニューヨーク、ロサンゼルスなどを巡り、累計300万人を動員。日本ではすでに横浜、大阪、名古屋、福岡、広島を巡り、3月8日まで東京・原宿で開催。その後、札幌(3月24日~5月31日)での開催を予定しています。

「バンクシー展 天才か反逆者か」
期間:~2022年3月8日(火) 9:00~19:00(最終入場30分前) ※2月24日(木)休館
会場:WITH HARAJUKU(東京都渋谷区神宮前1-14-30)
料金:日時指定チケット 大人 平日1800円・土日祝2000円 
平日いつでもチケット 大人1800円
平日アフター5チケット(1月入場限定、平日5PM以降)大人1500円
https://banksyexhibition.jp

「バンクシーVRストリート」が日本初登場

好評開催中の「バンクシー展」に、ニューヨークやバルセロナ展で好評だったVR企画「バンクシーVRストリート」が、1月17日より日本で初めて登場しました。どのようなものなのか、早速、体験してきました。

バンクシーの作品は世界各地の壁や道、駅構内などに描かれています。その性質上、保存されずに消されてしまうことも多々あります。そんなバンクシー作品を映像や画像に収めているのが、本展覧会の企画製作を行っているロシアの「IQ ART MANAGEMENT社」です。

録りためた映像や画像を基に、「バンクシーVRストリート」が作られました。VR上にロンドン、ニューヨーク、パリ、パレスチナなどの街並みを製作。その街並みに130点ものバンクシーのストリートアートが再現されています。中には現存しない作品もあるので、VRでリアルなイメージを鑑賞できるのはとても貴重な体験でした。

「バンクシーVRストリート」は約15分で、頭にVRヘッドセットを装着し、右手のコントローラーで操作をします。コントローラーでの操作は「再生」程度で、後は自動で進んでくれるので、VRの操作に慣れていなくても大丈夫です。

VRはバンクシーの故郷であるイギリス・ブリストルから始まります。歴史を感じさせる重厚な建物や石畳の街並みのリアルさに驚いていると、その街並みの中にバンクシー作品が登場。バンクシー作品は一部が動くことで目印になっているので、見つけやすいです。

趣のあるブリストルの街並み。右の壁にプードルの警備犬を連れた警備員のグラフィティ(落書き)があります。

道を直進したり、右折したり、左折したりと自動で進んでいくうちに、たくさんのバンクシー作品が登場します。「これ、知ってる!」という作品が多く登場し、自然とこのVR世界に没入していました。正直、最初はVR酔いと言われる車酔いに似た状態だったのですが、ワクワクしながら作品を見ている内に、そんな気分の悪さはなくなっていました。

パチンコによって飛び散る花びらが描かれた「バレンタインデーに花束を」(ブリストル)。
フェルメールの名画「真珠の耳飾りの少女」をモチーフに、黄色い警報装置を真珠に見立てた「鼓膜が破れた少女」(ブリストル)。

街並みを抜けて地下鉄に入ると、場所がロンドン、ニューヨーク、パリ、パレスチナなどと変わり、そのエリアで描かれた作品が登場します。このVR映像では作品が描かれた壁や周囲の様子などまでリアルに再現しているわけではありませんが、街並みに馴染んだ形で鑑賞できるので、実際にその場所を訪れているようなイメージを抱きました。

地下駐車場の横の壁に描かれた「PARKING」(ロサンゼルス)。
ハート部分に聴診器を当て、ニューヨークの診断をする「I Love NY」(ニューヨーク)。

この「バンクシーVRストリート」は、「バンクシー展 天才か反逆者か」の入場者のみ購入可能で、チケットは当日、当日券売場で発売されます。1日2回実施され、1回3名限定なので、1日6名しか体験することができません。レアな体験になるので、興味のある人はぜひ早めに「WITH HARAJUKU」を訪れてみてください。

このようにVRヘッドセットを装着して体験します(写真はバスセロナ展)。

バンクシーVRストリート
期間:1月17日(月)~1月31日(日)16:00~17:00 / 17:00~18:00
料金:500円
※本展入場者のみ購入可能。1時間3名限定。チケットは当日券売場で販売。

取材・文/綿谷禎子