堅実女子ニュース&まとめ 「育ちが悪い人」と思われてしまう特徴は?周囲に与える印象や改善方法を紹介

「あの人は育ちが悪い」と耳にすることもありますが、実際にどんな人が育ちが悪いと思われてしまうのか分からない人も多いでしょう。本記事では、特徴や周囲に与える印象、改善方法を詳しく解説します。

そもそも「育ちが悪い人」とは?

(出典) pexels.com

育ちが悪い人と聞いても、漠然としたイメージを持っている人も多くいます。育ちが悪いとは、元々どういった意味なのでしょうか。

「育ちが悪い」の意味

育ちが悪いとは、育ってきた環境や親の育て方が悪く、言動や行動に問題があると周囲に思われてしまうことを指します。子どもから大人になる成長過程において、一般的に必要とされるマナーや常識が身に付いていないため、言葉遣いや立ち振る舞いに品がないと思われてしまうのです。

子どもの頃に、両親からきちんとしたしつけを受けてこなかったり、行儀の悪いことをしても注意されなかったり、そのまま大人になったことが主な理由として挙げられます。したがって、大人になってからでも意識して改善すれば、十分に克服できる問題であるといえるでしょう。

育ちが悪いと思われてしまう人の特徴

(出典) pexels.com

どのような人が、育ちが悪いと周囲に思われてしまうのでしょうか?具体的な特徴を紹介します。自分ではなかなか気が付かないため、自分自身に当てはまることはないか、チェックしていきましょう。

言葉遣いが悪い

一般的に育ちが良いとされる人は、状況に合わせたあいさつや話し方をします。

しかし、育ちが悪いと思われる人は、相手に対して敬語を使えなかったり、品のない言葉を用いたりしがちです。どんな人にとっても、思いやりのない言葉や乱暴な言葉は気持ちのよいものではありません。

ビジネスシーンにおいても、目上の人や取引先に対して、失礼のない正しい表現や適切な伝え方が必要とされます。対面での会話に限らず、ビジネスメールの文面においても、クライアントや上司に向けたメールと同僚に向けたメールにおける表現の使い分けができないといったケースもあります。

マナーが守れない

本来子どものときに教えられるべきマナーを大人になっても知らないままでいることも、育ちが悪いと思われてしまう要因の一つでしょう。

例えば、ゴミを路上に捨てる・静かな場所でも大声を出す・どこでも唾を吐く・あいさつやお礼ができないなどを、大人になってからもしていると、周囲からは品が悪いと思われやすくなります。

食事時のマナーも育ちの悪さが目立つため注意が必要です。お箸の持ち方が乱れている・音を立てて食べる・喋りながら食べる・食事時の姿勢が悪いなど、マナーがなっていないと周りの人を不快にさせてしまうこともあるので気を付けましょう。

人によって態度を変える

育ちの良い人は人によって態度を変えたりせず、誰に対しても礼儀のある公平な態度をとります。しかし育ちの悪い人は、目上の人には媚を売るような態度をとるのに対し、自分よりも立場の弱いと思われる人や第三者には横柄な態度をとる傾向がみられます。

例えば、店員に向けて注文した商品が来ないことを強く責めたり、偉そうにしたりすると周囲の人に育ちが悪いと思われてしまいます。他人だからこそ敬意のある態度をとるように心掛けましょう。

教養や常識がない

社会的な教養や常識に欠けていることも、育ちが悪いと思われる要因の一つになります。一社会人として知っていて当たり前なことを知らないと、きちんとした教育を受けてきていないことが明るみにでてしまいます。

例えば、主なニュースや政治情報など、一般常識もわきまえていることが、育ちの良さを感じさせるポイントとなります。時事ニュースや社会情勢に目を向けて、相手に合わせた会話ができるようにしておきましょう。

育ちが悪いと思われる男女別の特徴

(出典) pexels.com

育ちが悪いといわれるポイントは、男女によって異なる場合があります。男女別で、どのような特徴がみられるのかを確認しましょう。

【女性】品のない服装や行動をとっている

育ちが悪い女性の特徴として、その場に合わせた服装ができないことが挙げられます。普段から露出度の高すぎる服装を好む女性は、品がないと思われる傾向があるので気をつけましょう。

大人になれば、時と場合によって服装を周りに合わせる心遣いも必要になります。冠婚葬祭などのフォーマルなシーンでは、TPOに合わせた上品な服装をしましょう。

服装だけでなく、公共の場における行動にも育ちがでます。電車内でメイクをする・順番を抜かす・大声で悪口を話すなど、周りの人に迷惑のかかる行為をとることは、育ちが悪い人の特徴といえるでしょう。

【男性】短気でデリカシーがない

育ちが悪い男性は、気が短くイライラしていることが多いという特徴があります。短気な人は、自分が一番に優先されないと納得できない性格を持っているのです。

周囲に対して気配りや思いやりがないと、育ちが悪いといわれてしまいます。他人に対して配慮できるよう、心に余裕を持った生活を心がけることが大切です。

女性に対しても遠慮がなく、横柄です。見た目や体型を指摘することも、デリカシーがなく育ちが悪いと思われます。他人を見下した発言をするのは、人への配慮がなく、周りの人が離れていく原因になるので気をつけましょう。

育ちが悪いと思われるデメリットとは

(出典) pexels.com

育ちが悪いと思われることで、どのようなデメリットがあるのでしょうか?育ちが悪いことによって起こる、仕事やプライベートの問題について説明していきます。

仕事でのデメリット

育ちが悪い人は、仕事上でも良い印象を持たれないことが多いでしょう。マナーや常識の欠如、言葉遣いの悪さは、同僚や上司だけでなく取引先にも印象が悪く、仕事上の取引において支障がでます。

また、人によって態度を変えることはチームワークにおいて問題点となり、信頼関係を築くことができません。人心を集めるどころかかき乱す存在になってしまうため、チームをまとめる指導役にもなれないでしょう。

仕事を任せるのにふさわしくない人物であると評価されがちです。たとえ才能があっても、仕事で成功することは難しくなるといえるでしょう。

恋愛や結婚に大きな影響も?

恋愛や結婚においても、育ちが悪いことにより悪い影響をもたらすことがあります。マナーや言葉遣いから育ちが悪いと思われ、相手の両親から恋愛や結婚に難色を示される懸念があるためです。

恋愛や結婚は当人同士の気持ちが一番大切ですが、お互いの大切な両親とも良好な関係を築いていきたいと考えるのは自然なことでしょう。相手の両親に悪い印象を持たれてしまうと、お互いの関係にヒビが入る可能性もあるので注意が必要です。

交友関係が築きにくくなる

育ちが悪いことによって、交友関係が築きにくくなることがあります。無意識に周りの人を傷つけたり、不快な気持ちにさせたりするため、周りの人が離れていってしまうのです。

仕事上においてもプライベートにおいても、交友関係は必要不可欠なものです。周りの人の協力があってこそ、仕事は成功し、プライベートの趣味や休日も楽しめるのです。充実した毎日を送るためにも、育ちが悪いと思われる点は改善し、確かな交友関係を築いていくようにしましょう。

育ちの悪さを改善する方法三つ

(出典) pexels.com

周囲に育ちが悪いと思われていても、大人になってから改善する方法はあります。難しいことではなく、手軽に始められることばかりなのでぜひ試してみましょう。

周りの声に素直に耳をかたむける

そもそも育ちが悪いとは自分のどこの部分か、何を改善すればいいのかは、自分ではすぐに分からないことがほとんどです。そんなときは、周りの指摘やアドバイスに素直に耳を傾けましょう。周りに指摘されると落ち込むこともありますが、指摘をしてくれたことに感謝して改善していくことが重要です。

自分自身の世界では当たり前だったことも、一歩外に出ればそれが非常識という場合もあります。周りの声に敏感であることも、印象を良くするポイントといえるでしょう。

所作やマナーを見直そう

大人になれば、子ども時代のように好き勝手振る舞うことは許されません。相手を不快に思わせず、自分も不快に思わないためのルールが、マナーというものです。

今一度、あなたのマナーを見直してみましょう。マナーの基本を学び直すことも大切です。本を読んだり、ネットで調べたりして、一般的なマナーに触れてみましょう。自身の言動を見直すきっかけにもなります。

また、育ちがいい人は所作も流れるように丁寧です。乱暴に食器や箸を置いたり、コップを音が鳴るほど強く机に置いたりはしません。自分で食べている様子を動画に撮って確認したり、所作がきれいな人に意見をもらったりして、少しずつ改善していきましょう。

育ちがいいと感じる人をよく観察して真似てみる

育ちがいいなと感じる人を見つけて、その人のどのような立ち振る舞いや言動が育ちがよく見えるポイントなのかを観察してみましょう。

育ちが悪いといわれる理由は、育ってきた環境を指摘されているわけではありません。そのときの立ち振る舞いや言動によって、印象を悪くしてしまっているかもしれないのです。

育ちのいい人の言動から、いい印象を持った点をピックアップして真似してみましょう。同じように振る舞いを繰り返していくことにより、自然と育ちのいい振る舞いが身に付けられます。

まとめ

育ちが悪い人の特徴や周囲に与える印象を知り、自分自身の立ち振る舞いや言動を今一度見直してみましょう。

育ちが悪いと思われるだけで損をしてしまうことも多くあります。もし自分に当てはまる部分があれば、少しずつでも改善していくことをおすすめします。品の良さを手に入れられれば、仕事やプライベートも充実して、もっと楽しく毎日を過ごせるようになるでしょう。