堅実女子ニュース&まとめ 感染予防以外のメリットを聞いてみた!婚活中の人の7割が「非対面婚活」を実施

日々状況が変化する今、対面で出会う形式の婚活にするか、それともオンライン形式での婚活にするか、迷う方も多いですよね。

マッチングアプリ大学では、結婚相手を探している20〜40代の男女307人を対象に、今後の婚活方針についてアンケート調査を実施。

4割が外出自粛期間中の婚活を「中断」

コロナ対策で中断している方が多い様子!

まずはじめに自粛期間中に婚活に取り組んでいたかどうかを尋ねたところ、「はい(婚活していた)」が58.6%、「いいえ(婚活していなかった)」が41.4%となりました。

何らかの手段で婚活を継続していた方が多い結果とはいえ、半分近くの人が自粛期間中は婚活を中断していたことがわかりました。

知り合ったものの、なかなか会う機会がないと予想されることで、一時中断を選ぶ方も比較的いたようですね。

自粛期間中の婚活は約7割が「非対面」で実施!

感染対策で非対面を選ぶ方が多い傾向

では、自粛期間中に婚活を続けていた方に、対面と非対面のどちらで結婚相手を探していたのかを質問。その結果、「対面と非対面を併用(31.1%)」と合わせて約7割がオンライン等の非対面で、婚活を行なっていたようです。

オンラインを通しての対面は、会議や打ち合わせなど、仕事でも活用する機会が増えたことで、コロナ前よりも抵抗が低くなったことも予想されます。人と会う時間が減ることで話す機会も減少傾向にあるため、気軽に会話できるのもいいポイントかもしれませんね。

約4割が「非対面婚活」にメリットを感じている傾向に

非対面での婚活を推奨する企業も!

非対面での婚活は、果たして感染予防だけで選んでいるのでしょうか。対面との併用を含み非対面で婚活をした方に、その理由を尋ねてみました。

すると、58.4%を占めた「感染予防の観点から」の他に「非対面のほうが効率が良いから」(10.6%)や「時間的に非対面のほうが続けやすいから」(8.8%)、「金銭的に非対面のほうが続けやすいから」(7.1%)など、4割近い割合で非対面の婚活にメリットを感じているという積極的な意見が寄せられました。

効率の良さや金銭面などの理由から、非対面婚活をあえて選んでいる方も一定数見受けられます。1回目を非対面、2回目以降を対面など、使い分けるのも良さそうですね。

「マッチングアプリ」を使用した婚活が多数!

コロナ禍をきっかけにマッチングアプリを始めた方もいるかも?

続いて、「自粛期間中に具体的にどのような手段で婚活したのか」を尋ねた結果、トップは、71.7%で「マッチングアプリ」でした。

マッチングアプリは、SNS感覚でやりとりができる手軽なツール。気に入った相手とだけやりとりができるので、効率的な婚活方法ですね。「いい人がいたら…」と、気楽にスタートできるのも人気のポイントのようです。

また現在、婚活を中断中の方に対して、婚活再開の手段を聞いてみても、コロナ前からも多かった 「知人の紹介(対面)」や「婚活サイト」が、「合コン・街コン(対面)」を抑え、「マッチングアプリ」が最多に。コロナ前後で婚活手段に変化が出たことが見受けられました。

マッチングアプリなら離れた距離の人とも婚活ができる!

今後、行動制限が緩和された後でも、マッチングアプリでの婚活は、ベーシックなものになることが予想されます。婚活自体も以前よりも身近なものになり、より婚活がしやすい環境ができてくるかもしれませんね。

マッチングアプリを使った婚活は、感染予防だけでなく効率性や気楽さなど、さまざまなメリットを実感できるようです。婚活にまだ抵抗を感じる方も手軽に始められるでしょう。日常生活が変化する今、婚活を始めようと考えている方は、婚活の結果を参考にしてみて下さいね。

【調査概要】

調査方法:インターネットアンケート

調査対象:20〜45歳の男女307人

実施日または時期:2021年11月2日~5日