堅実女子ニュース&まとめ ただの自己満という人もいるけれど…アラサー女性が「#ていねいな暮らし」で得たこと【後編】

ななさん(仮名・28歳)はコロナ禍でリモートワークへ移行したのをきっかけに、“ていねいな暮らし”を意識し始めます。

土鍋でご飯を炊く、毎日のコーヒーをハンドドリップで淹れるなど、“いつもの日常”をアレンジ。そうすることで生活の満足度も上がり、おうち時間を楽しく過ごすことができたのだそう。

食から始め、次に興味を示したのはアロマオイルの活用法でした。【前編】はコチラ。

家に眠っていたアロマオイルを発見!活用してみることに。

人と環境にやさしい暮らしを

「昔ピュアアロマオイルを複数購入したんですけど、結局使いきれていないままだったんです。買った当時はテンションが上がったけど、ウチの加湿器はアロマ対応じゃなくって…(笑)。掃除をしていたら、使わずに放置していたものが続々と出てきました。

何か使えないかなと思って調べると、寝るときに枕にひと垂らしとか、お手製入浴剤を作れるとかの情報があって!今まで宝の持ち腐れだったことを反省し、早速活用してみました。

入浴剤を薬局で買うより安上がりだし、やっぱり香りがイイ。お気に入りの匂いでバスタイムを過ごせるなんて最高じゃないですか?

ちなみにティーツリーオイルがうがい薬としても使えると知り、目から鱗。風邪予防にも使っています」

体や環境に優しい成分のアイテムを取り入れるのも“ていねいな暮らし”の特徴の一つ。アロマオイルはその代表的な一例で、愛用している人も非常に多いとのことです。

「重曹をやクエン酸などを使って掃除をするのも、実は“ていねいな暮らし”にあたるんです。洗剤をバンバン使う方が落ちるだろうって誰もが思うじゃないですか(笑)。私も実際そうでしたもん。

でも、重曹やクエン酸、セスキ炭酸ソーダとかでも十分に汚れは落ちます。環境にも私たちの体にも負担が少ないですよ。安全だし、環境に優しいからお水で流しても、罪悪感が少ない点も物凄く魅力的だと思いました」

1 2