【貧困女子】育児放棄の両親を語る美女・35歳。高学歴でも転職貧困のストーカー生活~その2~

【貧困女子】育児放棄の両親を語る美女・35歳。高学歴でも転職貧困のストーカー生活~その2~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これはあるときまで普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。今回は35歳のイタリアンレストランのアルバイト・原田由香里さん。名門女子大学を卒業してから、一般企業や派遣社員として勤務するも全て長続きせず、職業を転々としています。

現在勤務しているのは、時給1000円で週5で7時間働くイタリアンレストラン。月収は12~15万円です。体力勝負の仕事なので、35歳になるとキツいとか。大学も出ていて社会人経験もある。特にレストランを経営したいという夢があるわけではないのに、ウエイターをしている理由を聞きました。

「接客業は人間関係が浅いから続けやすいんですよ。オフィスで仕事をすると人間関係が密接になりますから、どうしてもいじめられてしまいます。人と全く話さなくていい、工場系の仕事も考えたのですが、それにはちょっと向いていないと思って……なんというか、肌感覚が合わないんですよね。前に派遣登録していた会社で“一日誰とも話さなくていい仕事をお願いします”と言ったら、エクセルに数字を入力するだけの事務職を紹介してくれました。でも、そこは1か月でギブアップしました」

今までに経験した仕事は20以上。履歴書を書くと欄が足りなくなってしまうのが悩みだといいます。

「人手不足と言われていて、多くの会社から“正社員になりませんか”とお誘いはありますよ。ヘッドハンティング会社みたいなところから、ケータイに電話がかかってくることもあります。でも、正社員の仕事って、組織のルールにバッチリハマれる人じゃないと続けられない。ゆる~くいい人で、ムリせずきちんと仕事をする人じゃないと、結局できないと思います。だから、結局この仕事をしています」

多くの貧困状態にある女性と話をしていて、“組織で浮いてしまうコミュ障”という自己認識を持っている人が多い。中途半端に客観的で、自分に自信がないのに自己評価が高いから、周りを見下してしまうのでしょう。

 

ストーカー的な気持ちが先行し、彼の母親の死も疑う

1 2 3
不倫 浮気 アラフォー 恋愛運 アプリ 結婚 貧困女子 恋愛 美人探偵 その1 セカンド キャリア 運勢 恋愛講座 金運 浮気事件簿 婚活 占い アラサー 仕事運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。