堅実女子ニュース&まとめ もっともフィギュアスケートのファンが多い都道府県、男性1位は岩手県、女性1位は?

北京オリンピックが開幕し、ますます注目を集めるフィギュアスケート。コロナ禍で気軽に外出がしづらい中、テレビでフィギュアスケートを観戦している人も多いのではないでしょうか?

今回は、株式会社ベネクスの調査による、フィギュアスケートファンの特徴を見ていくことにしましょう。

オリンピックでの活躍も期待大です!

女性は年齢を重ねるごとにフィギュアスケートに魅了される!?

年齢別にフィギュアスケートファンの割合を調査した結果によると、もっとも多かったのは男女ともに70代で、男性が9.3%、女性が28.7%。全年齢層で女性のほうが男性を上回っていることがはっきりとわかります。さらに、女性は年齢層が上がるにつれてファンの割合がどんどん増加し、20代と70代を比べると9倍以上となることがわかりました。

女性は年齢を重ねるごとにフィギュアスケートに目覚める人が急増することが判明!

次に、都道府県別でファンの割合を見ていきましょう。もっとも多いのは、男性が岩手県で8.1%、次いで徳島県で7.7%、福島県で7.0%という結果に。一方、女性は最多が秋田県で22.3%、次いで愛媛県で19.9%、岩手県で19.6%という結果となりました。男女ともに岩手県のファンが多いですが、東北地方は寒冷な地域なためスケート場なども多いという視点から、フィギュアスケートに親しみを持つ人が全国的にも多いであろうことは予測できます。しかし、徳島県や愛媛県などの四国地方でもフィギュアスケートファンが多いというのはとても興味深い結果でした。

東北、四国にファンが多い模様。
1 2