堅実女子ニュース&まとめ 義理チョコの予算は「1,000円未満」が4割、本命チョコの予算は?コロナ禍のバレンタイン事情

今年のバレンタインデーの準備はできましたか? 本命チョコ、義理チョコ、友チョコ、自分へのご褒美チョコ…いろいろ考えると、意外と予算ってかさみますよね。そこで今回は株式会社エイチームフィナジーが10代~30代の未婚男女を対象に行ったアンケートを元に、みんなのバレンタインの予算をまとめてみました。コロナ禍でおうちバレンタインが主流とも言われていますが、友チョコや義理チョコは減ったの? 本命チョコの予算は上がっているの? みんなの現状をチェックしてみましょう。

女性が本命チョコにかける予算は、男性の予想より1.5倍多い!

まずはバレンタインの「本命チョコ」にかける予算について調査してみたところ、男女の予算相場に差があることが判明。男性が予想する予算は、「1,000~2,000円未満」が最も多く約25%、「3,000円以上」は約23%でした。一方、女性は最も多かった回答が、「3,000円~5,000円未満」で約29%。次いで「1,000~2,000円未満」が約25%でした。こうしてみると、男性の予想より女性が実際に用意する予算の金額は高く、その差は約1.5倍という結果になりました。

本命にはお金をかけるとはいえ、チョコレートにかける予算は5,000円以下が多い。

義理チョコの相場は男女共に「1,000円未満」が最多

続いて「義理チョコ」の相場について尋ねたところ、男女共に最も多かった回答は「1,000円未満」と判明。男性の予想は5割以上、女性は約4割が「1,000円未満」という結果になりました。また女性は「1,000円~2,000円未満」という回答も3割以上いることが判明。全体的に女性の方が若干予算は高い結果になりましたが、本命に比べてそれほど男女差がないことがわかります。

義理チョコに3,000円以上かける人は、男性が7.5%、女性は4.9%。男性の方が若干多い結果に。

ではバレンタインのお返しについてはどう考えているのでしょう。

1 2