堅実女子ニュース&まとめ 【単独インタビュー後編】好きなことを仕事にするには?『HOMESTAY』瀬田なつき監督に聞く

なにわ男子の長尾謙杜が主演を務める『HOMESTAY(ホームステイ)』がAmazon Prime Videoにて世界同時独占配信されています。過去にたびたび映像化された森絵都による小説『カラフル』を映像化した瀬田なつき監督に、好きなことを仕事にするために必要なことはなにか? 聞きました。完全独占インタビュー後編です!【前編はこちらから

瀬田なつき(せた・なつき)
1979年生まれ、大阪府出身。初のメジャー長編映画は2011年映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』。その他の監督作に映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』『PARKS パークス』、テレビドラマ『セトウツミ』(テレビ東京)、Amazon Prime Videoオリジナルドラマ『東京アリス』。

『HOMESTAY(ホームステイ)』
●監督:瀬田なつき ●原作:森絵都(『カラフル』文春文庫)●脚本:菅野友恵、大浦光太 ●出演:長尾謙杜、山田杏奈、八木莉可子、望月歩、眞島秀和、渋川清彦、阿川佐和子、篠井英介、渡辺大知、濱田岳、石田ひかり、佐々木蔵之介 ●2022年2月11日よりAmazon Prime Videoにて世界同時独占配信

【Story】
突然の死で魂となった「シロ」(長尾謙杜)はストレッチャーに載せられ、集中治療室で目覚める。「管理人」(濱田岳)に選ばれ、同じく死んだ高校生、小林真の身体に〝ホームステイ”することに。もし正体がバレることなく、真の死んだ原因を100日以内で探せれば、転生のチャンスが与えられるらしい。シロは真として母親(石田ひかり)や父親(佐々木蔵之介)、兄(望月歩)と再会。幼なじみの藤枝晶(山田杏奈)や憧れの高坂美月先輩(八木莉可子)との時間を過ごす。でも真の死の真相はなかなか分からない……。

脚本づくりから仕上げまで、とても長い旅のよう

――真の両親だったり、魂の管理者と呼ばれる役回りで、実力派の俳優さんがあちこちに出てきます。短い出演シーンながらそれぞれに物語の中でピリっとした瞬間をつくっていて、見応えがありましたが?

瀬田なつき監督(以下、瀬田)「それぞれ1~2シーンなのですが、演技に加えて、VFXを施すために何度も同じことをやってもらう必要があったりして。でもみなさん嫌な顔ひとつせずに楽しんでくださっていました」

――映画の冒頭で魂の管理者を演じる濱田(岳)さんからもう、面白くて。演技に関しては基本、お任せなのですか?

瀬田「今回はVFXのためにカメラの動きが細かく決まっていて、それに合わせて動かなきゃいけないし、何回も同じ演技をしていただく必要があります。それが出来る人ってあまりいません。演技の繋がりや立ち位置、タイミングもすべてコントロールし、カメラの動きに合わせて演じてもらうので。演技とは別の強い集中力を必要としたと思います」

――真の父親役の、佐々木蔵之介さんが怖かったです。ほんの数分で、空気をガラっと変えていましたね?

瀬田「怖いですよね。父親の登場から、物語もさらに展開していくのですが、私も撮った映像を繋いでみたら、これは…ヤバい! と(笑)。登場した瞬間に画面のモードが変わるというか。あの緊張感は、佐々木さんだから、生まれたものだと思います」

――ご自身は今回「新たな発見や挑戦の多い、忘れられない旅が出来た」とおっしゃってましたが?

瀬田「特撮用の合成素材を撮影するために使うモーション・コントロール・カメラを使ったり、演出する上で考えなければいけない要素が多く、作品の規模も大きくて。役者さんも、子役や、若手から大ベテランの方までいて、いろいろな演出の伝え方が必要でした。2か月ほど広島で撮影していましたが、本当にいろいろな初めてがあって、さまざまな挑戦ができました。映像表現に関しても、こんなことが出来るんだ! と知ることも多かったです。Amazon Prime Videoで世界配信される邦画を手掛けたのが初めてで、アメリカの Amazonの方からも意見をたくさんいただき、どうしたら観てくださる方により伝わるか? どうしたら長尾くんに寄り添って観ていただけるか? 脚本づくりから仕上げまで、とても長い旅のようでした」

――世界に向けて配信されることについてはどう思われますか?

瀬田「日本のストーリーではあるけれど多くの人へ伝わり、いろいろな国の人が観て、なにか共有できるものがあればいいなと思ってます」

真の父親を演じる佐々木蔵之介と、兄を演じる望月歩。真を取り巻く家族との葛藤は、それぞれに闇が深い。 (c)2021 Amazon Content Services LLC
1 2