堅実女子ニュース&まとめ 義理チョコって英語でなんて言う?バレンタインデーにまつわる英語フレーズ

もうすぐバレンタインデー。日本では女性から男性にチョコレートを贈る日とされていますが、海外では異なることをご存じですか?今回はバレンタインデーにまつわる英語フレーズをピックアップ。起源などもあわせてご紹介します。

「バレンタイン」の始まりは?

バレンタインというのはローマ帝国時代の司祭の名前に由来しています。ローマ帝国の皇帝・クラウディウス2世は、若い兵士が戦争に行きたがらないのは愛する者から去りたくないからであるとして、兵士の自由結婚を禁止。しかし、キリスト教司祭バレンタインはこの法に背いて恋人たちの結婚式を数多く執り行い、これによって皇帝から怒りを買い、西暦269年の2月14日に処刑されました。恋人たちの愛を守り抜いていたバレンタイン司祭を称える日として制定されたと言われています(諸説あり)。

 日本では長年“女性が愛を告白する日”として認知されてきましたが、最近では感謝を伝える義理チョコや友達にあげる友チョコのほか、自分にプレゼントするご褒美チョコも人気に。より多様性をもったイベントとして変化しています。

バレンタインカードで使われるフレーズ

先ほどお話したように、日本では“女性が男性に愛を告白する日”という意味合いが強かったバレンタインですが、英語圏では昔からジェンダーフリーなイベントでした。男性が女性に花を送ったり、友人同士がメッセージを送り合ったり…人々は思い思いにバレンタインを祝います。

バレンタインのメッセージカードには「Happy Valentine’s day」のほか、「Happy heart’s day」もよく使われます。直訳すると、ハート(心)が幸せな日。とてもかわいらしい表現ですね。

最近は、SNSを使って恋人への愛や感謝を発信する人も。愛の表現方法も時代に合わせて少しずつ変わってきています。

★キーワード
Heart’s day:バレンタインデー

「Valentine」には「特別な人」という意味も

愛の守護神とされる聖人バレンタインの名より派生した「バレンタイン」。「特別な人」を意味することから、告白フレーズにもよく使われています。

Be my Valentine(私の特別な人になってください)
You are my Valentine(あなたは私の大切な人です)
Will you be my Valentine?(恋人になってくれますか?)

★キーワード
Valentine
:特別な人、恋人

「義理チョコ」や「友チョコ」は英語圏にはない

実は、英語圏には「義理チョコ」や「友チョコ」を渡す習慣はありません。そもそもチョコレートを渡す習慣は日本オリジナルのもの。はじまりは、チョコレート会社によるマーケティング戦略によるものでした。

ちなみに、あえて義理チョコを英語に言い換えるとしたら「Thank you gift(感謝を込めたギフト)」が適しているでしょう。

例)This chocolate is a kind of thank you gift.(このチョコレートは感謝を込めたギフトです)

最近では、同僚や友人にチョコを配る習慣も少しずつ薄れてきています。渡したい人が渡したい相手に送る、そんなシンプルなかたちが一番いいのかもしれませんね。

★キーワード
Thank you gift:感謝を込めて贈るギフト、お礼の品

人への感謝や愛を素直に伝える日

この季節にデパートをのぞくと、高級チョコがずらり。自分へのご褒美にゲットするのもいいかも。

感謝や愛を感じていても、面と向かって伝えるのは少し恥ずかしいもの。バレンタインデーは、そんな想いを照れずに伝えられる良い機会です。性別や関係性を問わず、素直な気持ちを届けましょう。

文/山根ゆずか