堅実女子ニュース&まとめ オリンピック開催中で注目が集まる北京はどんな街?4択クイズで学ぼう!

クイズの答え

それではクイズの答えを見ていきましょう。

問題1.A)約1.5倍

北京市の人口は約2,154万人(2019年時点)、一方東京都の人口は約1,400万人(2022年)です。国全体では日本の14倍もの人口を有する中国ですが、首都に限ってはそこまでの差はない様子。「東京一極集中」の傾向が顕著に分かる結果ですね。

問題2.B)2位

国際貿易の促進や加盟国の国民所得増大、為替の安定などを目的に設立された国際機関「IMF(International Monetary Fund:国際通貨基金)」の発表によると、2020年の名目GDPランキングにおいて中国は第2位となりました。1位はアメリカ、3位は日本です。

1968年以降、米国に次いで世界第2位の経済規模を維持してきた日本が、中国にはじめて抜かれたのは2010年のこと。その後中国は世界第2位の経済規模を維持し、世界経済における存在感を強めていきました。

問題3.C)共産党

毛沢東が創立党員の一人に名を連ねる「中国共産党」は、国内で絶対的な力を持つ巨大政党です。党の結成は1921年までさかのぼり、中華人民共和国が建国された1949年より20年以上も前のことでした。中国は、同党が“一党独裁”で支配する社会主義国ですが、実はそのほかにも8つの小政党が存在しています。とはいえ、合法的に存在を認められているだけで、国を動かすような力は持っていません。

中国の国会である全国人民代表大会、略して「全人代」は年に一度、例年3月頃に首都である北京市で行われます。憲法の制定・改正や国の主要ポストの決定、予算案の承認など、政治を左右する大きな決定が行われる場所です。

問題4.C)四国全体

問題1の答えのとおり、東京都と北京市の人口にはそれほど大きな差はありません。しかし、土地の面積は大きく異なり、北京市は東京都の7~8倍程度の大きさを誇ります。北京市の面積約16,410㎢は、四国全体とほぼ同じくらいです。

問題5.D)カザフスタン、アルマトイ

2022年の冬季オリンピック開催都市として、最後まで北京と争ったのはカザフスタンのアルマトイでした。

東京オリンピックの際にも何度も話題になりましたが、オリンピックを開催するためには莫大な費用と時間がかかるもの。ときには、開催地として立候補した国が世論の反対にあい、辞退するケースもあります。

世界でもっとも人口の多い国

万里の長城や周口店の北京原人遺跡など、世界遺産も多数有している中国。

世界でもっとも人口の多い国(約14億人)である中国は、経済の観点においても日本と密接に関係しています。今後も互いの国を尊重し合い、良い関係を気付いていきたいものです。

文/山根ゆずか

1 2