堅実女子ニュース&まとめ “山型・角型”の違いは見た目だけじゃないの!? 8割以上が知らない食パンの豆知識

近年は“高級食パンブーム”がありましたが、敷島製パン株式会社が発表したアンケート調査によると、コロナ禍で6人に1人が「食パンを食べる機会が増えた」と回答しているそうです。外出自粛やテレワークの普及もあり、家でゆっくり朝ごはんを食べる機会が増加。その影響もあり、食パンのニーズが上がっているのかもしれません。

山型はさっくり食感!角型はしっとり食感でアレンジにおすすめ

ところで食パンには「角型食パン」と呼ばれる四角い形と、「山型食パン」と呼ばれる上辺が丸くふくらんでいる形のものがあります。実はこの2つ、同じ食パンでも食べ比べてみると明らかに違いがあることをご存じでしょうか?敷島製パンが実施した調査によると、その件について「知らなかった」と回答している人は65.8%。それに続くのは「なんとなく聞いたことがあるが、詳しくはしらなかった」(18.6%)となっており、「知っていた」と回答している人は15.6%しかいませんでした。

では一体角型と山型で、どんな点に違いがあるのでしょうか?そこで同社では実食調査をもとに、それぞれの良さについて調査。結果は以下の通りとなりました。

角型食パンはまさにサンドウィッチなどのアレンジに向いていることが分かります。

山型食パンの上位をみてみると「トーストしたときの食感がさっくりしている」と「香りが良い」となっていますが、角型食パンでの上位は「シンプルな味わいで調理しやすい」と「そのまま食べても美味しい」。また山型では“さっくり”が上位でしたが、角型では「食感がしっとりしている」のほうが上に来ていることも分かります。つまり角型では山型よりもサンドウィッチなどでアレンジすることや、そのまま食べることに向いているようです。

1 2