堅実女子ニュース&まとめ 週休3日制は嬉しい?それとも不安?ビジネスパーソンのリアルな声は…

パナソニック、ユニクロ(ファーストリテイリング)など、週休3日制を導入する企業が少しずつ増えてきています。休日が増えることは喜ばしい一方、仕事の満足度や仕事選びを大きく変えてしまう場合も。今どきのビジネスパーソンは、週休3日制をどのように捉えているのでしょうか?また、実際に週休3日になった人は、仕事への満足度をどう感じているのでしょうか?

休日が増えると、収入や働き方に不安も

正規雇用者に「今より休みが増えたときに想定される仕事への影響」について聞いたところ、もっとも多かった意見が「収入が減りそう」でした。続いて多かったのが「効率的に仕事を進めるよう努力しそう」「長く働き続けられそう」という結果に。全体的に休みが増えることで収入減少への不安、長時間労働の懸念、人手不足など不安を感じる声のほうが大きいということがわかりました。

やはり長く働いている人ほど収入がアップするという価値観は根強いようです。

続いて、「給料と休み、選ぶとしたらどちらがいいか」という質問をしたところ、全体では給与重視と休み重視の割合はほぼ半数ずつという結果でした。一方で年代別に見ると、20代と30代は休み重視な人が全体よりも多く、40代と50代は給与重視な人が多くなっているのがわかります。世代によって給与と休みの理想バランスは変わってくるようです。

給与と休みの理想バランス 、価値観のターニングポイントは30代?
1 2