堅実女子ニュース&まとめ 別れを後悔したきっかけ、「もらったプレゼントを見た時」「出会いがない時」を抑えた1位は?

あんなに別れたいと思って別れたのに、ふと気づけば元カレのことばかりを考えてしまう……とか、勢いで別れてしまったけど、もう少しよく考えればよかった……とか、恋愛で後悔した経験がある人って意外と多いはず。そこで今回は、みんなの後悔事情を調査。アニヴェルセル株式会社が20歳~39歳既婚男女416名に行った調査を元に、後悔の念が起こるタイミングときっかけをまとめてみました。

※詳しい調査結果は「アニヴェルセル総研」に掲載してあります。

後悔の念が起こるタイミング、約4人に1人が「1週間以内」

過去に恋人や配偶者と別れたときのことについて、別れたことを後悔したタイミングを尋ねたところ、1位は「1週間以内」で13.2%。2位の「別れた当日」(11.1%)を合わせると、約4人に1人が1週間経たずして、すでに後悔していることが判明。起こったばかりの出来事なので、「あの時あぁしていれば」と想いをはせることが多いタイミングなのかもしれません。当日に後悔する人は、別れる以外の選択肢がなかったのか、考えてしまう人も多いようです。3位は「1か月以内」で8.4%、最初の1週間ぐらいは悶々として、その後ジワジワ後悔の念が出てくる人が多いのかもしれません。

「別れたことを後悔したタイミングはない」と回答した人は3割近く。切り替えが早い人も意外と多いのかも。

ではみんなが「後悔」をするきっかけは何なのでしょう。

別れて2年以上経ってから後悔する人も1割以上。吹っ切れたと思っていても、ふとしたきっかけで思い出してしまうのかも…

1 2