堅実女子ニュース&まとめ すごく感謝してるのに「Thank you!」しか出てこない…!丁寧に感謝を伝える英語フレーズ

誰かにお世話になった時や、嬉しいプレゼントを貰った時など、心から感謝を伝えたいシチュエーションってありますよね。しかし、そのような感謝を英語で伝えなきゃいけない場合に、スルッと言葉が出てきますか?いざと言う時に「こんなにしてもらったのに、“Thank you!”しか出てこないよ〜(汗)!」となる前に、今回は、さまざまな感謝を伝える英語フレーズをご紹介します!

“Thank you”を応用した感謝のフレーズ

まずは馴染み深い“Thank you”を活用して、丁寧に感謝を伝えるフレーズです。

“I can’t thank you enough.”「あなたには、感謝してもしきれません」

“can’t ~ enough”「いくら~しても足りない」という意味になります。まさに、何度感謝しても足りないような時に使えます。

また、似たような表現で“can’t get enough of〜”というのもあります。これは「いくら得ても十分でない」「もっと欲しい」という意味のフレーズ。ですが、シンプルに「~には目がない」「〜が大好き」というニュアンスで使われることも多いです。

“I can’t get enough of sushi.”「お寿司には目が無いんです」

具体的な感謝を伝える“Thank you for 〜ing”

“Thank you for 〜ing”で、「〜してくれてありがとう」と具体的な感謝の内容を伝えることができます。

“Thank you for helping me today.”「今日は手伝ってくれてありがとう」
“Thank you for listening.”「ご視聴、ありがとうございました」

“Thank you”よりかしこまった感謝のフレーズ2つ

まずは、“appreciate”「感謝する」を使って、少しフォーマルな感謝を表すフレーズです。

“I really appreciate it.”「本当に感謝いたします」
“I appreciate your help.”「お力添え、感謝いたします」

感謝の気持ちを伝える“appriciate”は、「人」ではなく、「人にやってもらった行為」などを指して使う言葉になります。なので、丁寧に感謝を伝える意図で、“I appreciate you”と言うのは間違いになります。

他にも、かしこまった感謝を伝える言葉として、“grateful”「恩を感じる」「感謝に満ちている」も使えます。感謝の気持ちをより丁寧に伝えることができる単語で、口語ではあまり使わないかしこまった表現です。

“I’m so grateful to you.”「あなたに感謝しております」
“I’m grateful for your kindness.”「ご親切、感謝いたします」

“You shouldn’t have.”もお決まりのフレーズ

“You shouldn’t have.”は直訳すると「そんなことすべきじゃなかった」となります。しかし、“You shouldn’t have.”は、プレゼントなどをもらった時のお決まりの感謝のフレーズです。

“Oh, you shouldn’t have!”「まぁ!よかったのに!ありがとう!」

相手の気遣いに対して「恐縮です」「気を遣わせちゃって…」というニュアンスがこもったお礼の表現です。物を貰った時の、定番のお礼のフレーズではあるものの、時と場合によっては「ちょっと重い」という意味をこめて言うことも、ないとは言い切れません。恐縮を伝えつつもありがとうを強めに伝えたい時は、下記のように付け足すといいでしょう。

”You shouldn’t have, but thank you so much!”「(気を遣わなくても)良かったのに、でも本当にありがとう!」

“How can I repay you?”「どうやって返済すればいい?」とすごく感謝していることを表したりもします。

感謝の気持ちは、声色や態度から滲み出るもの。でも、“Thank you”以外の表現も知っていると便利ですよね。その時々にあった英語フレーズで、感謝を伝えてみてくださいね!

取材・文/まなたろう