堅実女子ニュース&まとめ 毎日とにかく眠い…「睡眠不足」って英語でなんて言うの?

平均6時間27分、これ、日本人の平均睡眠時間だそうです。日本は世界の中でもかなり睡眠時間が短い国として知られています。今回は、「睡眠」に関連する英語フレーズをご紹介します。

「sleep」を思い浮かべる人が多いのでは?

「寝る」は英語で「go to bed」

「眠る=sleep(スリープ)」がすぐに思い浮かびますが、家族や恋人に「そろそろ寝るね」と伝える場合には「I go to bed」がスタンダード。より簡単に「for bed」だけでも十分伝わります。

例)It’s time for bed.
(寝る時間です)

また、「Z’s」で「寝る」「いびきをかく」と表す場合も。こちらは漫画などにでくる「Zzzzzzz」から派生したスラングです。

例)I catch some Z’s.
(ちょっと昼寝してくるね)
※「catch」を、grabやmakeにかえてもOKです。

一方で、「I can’t get to sleep yet.(まだ眠れないの)」のように、眠れないことを伝える場合には「sleep」を使います。ちょっと意外な使い分けですよね。

★キーワード
Z’s:寝る、いびきをかく

「おやすみ」は「Night」だけでもOK

「おやすみ」といえば「Good night(グッドナイト)」ですが、ネイティブの間では短縮して「Night」だけ使うのが一般的です。ただしカジュアルな表現なので、目上の人に伝えるときには「Good night」のほうが適しているでしょう。

“ぐっすり寝てね”を意味する「Sleep well」や「Sleep tight」を、Good nightの代わりに用いることも。そのほか、少しかわいい表現の「Sweet dreams(いい夢を見てね)」もよく耳にするフレーズです。

1 2