6月は結婚式のダブルブッキング多発!? 「欠席」してもお祝いの気持ちが伝わるイマドキマナーとは?

6月は結婚式のダブルブッキング多発!? 「欠席」してもお祝いの気持ちが伝わるイマドキマナーとは?

「6月の花嫁は幸せになれる」と言われるジューンブライド。この時期は、結婚式や二次会へのお誘いも多くなるのではないでしょうか。6月の土日には、結婚式や披露宴がダブルブッキング! という事があるかもしれません。大切な人のイベントに出席できない時、やむをえず欠席をする場合に、お祝いの気持ちを伝えるにはどうすればいいのでしょうか。電報サービス「e-denpo」を手掛ける株式会社KSGインターナショナルが発表した、「祝電」に関する調査結果&最新事情を紹介します。

「結婚式の欠席」理由を伝えていい場合と、いけない場合

結婚式に招待されたものの、やむを得ない事情で「欠席」せざるを得ないこともあります。しかし、本来「よろこび事」は受けるべきもの、断っていけないとも言われています。欠席の理由を伝えていい場合と、いけない場合は以下の通り。

正直に事実を伝えて良い場合:仕事、妊娠、出産、子育て

一般的にお祝い事を断ることは、水を差すことになるので正直に伝えることは控えましょう。
しかし「仕事の都合」や「妊娠・出産・子育て」の欠席は、例外的に新郎・新婦に伝えても構わない正統な理由とされています。ただし軽率な態度はNG。
例え上記のような理由でも、「どうしても都合がつかない」と心からのお詫びをし、お祝いやご祝儀を別の機会に渡すなど誠意を示しましょう。

はっきり伝えないほうが良い場合:体調不良・経済状況

体調不良の場合、新郎新婦に心配をかけてしまうので、正直に伝えることは控えましょう。返信はがきには体調不良とは書かずに「都合により」などとぼやかして書くのが礼儀。そして、体調が回復した際に、新郎・新婦に別途お祝いを贈るなどの気遣いをすると喜ばれます。

また、経済状況というのは非常に他人には言いにくいこと。新郎・新婦は「是非出席してほしい!」と思って招待してくれているものの、出席するには、ご祝儀や身支度や移動など、まとまったお金が必要になり、現実的にはどうしても費用を捻出できないこともあります。 欠席する場合は、角が立たないよう「都合により」などとぼやかします。

どうしても出席できないときの返信のマナーとは?

どうしても出席できないときの返信のマナーとは?

1 2
貧困女子 恋愛講座 金運 不倫 その1 恋愛 浮気 婚活 アラサー 浮気事件簿 セカンド 運勢 アラフォー 美人探偵 アプリ キャリア 占い 時短 結婚 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。