堅実女子ニュース&まとめ 【DJ・KAORIが伝授!】家賃滞納で追い出された!? ニューヨークでの貧困女子時代を乗り越えた成功のコツは?

仕事も恋もうまくいかない。そんな悩める堅実女子たちに、人気DJのKAORIさんがHAPPY&キラキラを注入! その熱いメッセージを本サイトでは3回に分けて紹介していきます。今回はその2回目となるテーマは“脱・貧困と成功のコツ”。

ちなみに、KAORIさんは超人気DJ。今まで出したMIXCDは売上枚数460万枚を突破。ニューヨーク時代は、マライア・キャリーやマイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソン、マイク・タイソンなどスーパーセレブからパーティDJのオファーを受けています。最新作のMIXCD『DJ KAORI’S PARTY HITS』も好評です。

H1-4_0218

『DJ KAORI’S PARTY HITS』ユニバーサルミュージックより発売中。

 KAORIさんに“Suits-Womanで『貧困女子』が話題になっているんですよ”と伝えたところ、「私も昔、N.Y.時代、貧困女子だったこともありますよ!」とまさかの一言。キラキラして、多くのセレブたちから人気を集めているのに、どういうこと!?

「ニューヨーク時代、私はbaby mama(シングルマザー)とルームシェアしていたの。お互いにお金がないし、今みたいに仕事があるわけじゃないし、家賃は高いし……。それで、どうしても家賃が払えなくて、立ち退きしなくちゃいけなくなったわけ。もちろん差し押さえだから、執行官が来て、着のみ着のまま追い出される。バッグも財布も持って行っちゃダメなのね。これがニューヨークのリアリティー。私はたまたまポケットの中にメトロのカード(Suicaみたいなもの)を持っていたから、“よし、これで友達の家に行ける”と思ったの。でも、期限切れになっていたんだよね(笑)」

まさに、八方ふさがり。そんな時も、KAORIさんはポジティブさを失わなかったと続けます。

「そりゃ落ち込みますよ。でも気分を下げたところで何もいいことはない。自分で自分を救えなければ、誰も助けてくれない。だからね、自分が顔を上げて前進しようとすれば、必ず誰かが助けてくれる。あとは、とにかく人に会う。お金がなければ歩いて友達の家に行くなど、誰かに会えば、必ず未来を拓くヒントがひらめくし、相談すれば親身になってくれると思う。そう信じて、無我夢中で生きていたら、気が付けば生活は立ち直っていたかな。貧困だと思う女のコにアドバイスするなら、閉じこもっていないで外に出てみて、ということ。クラブは超大金持ちも、趣味で生きているような人もいろんな人がいるから、刺激になると思う。お金持ちになれるチャンスもきっとつかめるはず」

1 2