堅実女子ニュース&まとめ 【サードウェーブ女子~アラサー女子上京物語】りんご娘の見る夢は、都会の1人暮らし~その1~

地方出身の女性が東京に上京するタイミングは、実は3回あります。

第1の波 : 「ファーストウェーブ」 地方の高校を卒業し、東京への進学。

第2の波 : 「セカンドウェーブ」    地方の学校を卒業し、東京への就職。

この2つの波はよく知られていますが、第3の波が存在していることは、あまり知られていません。

第3の波:「サードウェーブ」それは、

30歳前後で地方での人生に見切りをつけ、東京に新たな人生を求めて上京する独身女性達の潮流。

この波に乗り、30歳前後で地方から東京へ上京してきた独身女性達を『Suits WOMAN』では 「サードウェーブ女子」 と名付けました。地方在住アラサー独身女性はなぜ東京を目指したのか? その「動機」と「東京での今」に迫りたいと思います。

今回お話を伺ったサードウェーブ女子、工藤佳子さん(仮名・29歳)は青森県出身。身長150センチ前後の小柄で服装に派手さはないものの何処か主張があるような、強いて言えば舞台演劇にすべてをかけている劇団員の様な雰囲気を纏った女性です。言葉の端々に残る独特のイントネーションと訛りがチャームポイント。上京歴1年半で都内のデザイン会社でデザイナーとして働いています。

――「東京」ってどんなところだと思っていましたか?

「おっかない(※怖い)ところ。とっちゃ(※お父さん)もかっちゃ(※お母さん)もばっちゃ(※おばあちゃん)も、都会はおっかないとこだってみんな言ってました。ドラッグとか、ストーカー殺人とか、満員電車にはスリやひったくりが居て、家には鍵をかけないと泥棒が入る。知らない人が多くて人が冷たい(※人間関係が冷たい)とこだと思ってました。」

佳子さんは青森市からクルマでさらに1時間半ほどの郊外に、祖父母の代で開墾したりんご農園の長女として生まれました。佳子さんは歳が離れた妹さんと2人姉妹。夜、父親がお酒を飲んだ際に「男だったらなぁ」とたまにこぼすのに、幼少時から後ろめたさを感じることがあったといいます。それもあって地元の農業高校に進学したものの、農業とりんごには思い入れが持てず、“子豚めんこい(※かわいい)なぁ、でも食べられちゃうんだなぁ”などと物思いに耽っている間に高校3年間は過ぎて行ったといいます。卒業後は社会勉強も必要だと両親を説得し、地元の工業団地に就職。

「小さい頃から絵を描くのが好きで中高の文化祭では金賞をもらったり、展覧会に選ばれたりもしてそこそこ目立ってたと思うのですが、親はそういうのには全然理解してはくれません。工場に就職したのはお金を貯めたかったから。秋田に美術学校があって、本当はそこに行きたいとずっと思ってました。でも親はどうせ理解もしてくれないしお金も出してはくれない。自分でやるしかなかったんです」

1 2