堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】 ライター目指して上京。国立大卒が、スナックと派遣のダブルワークへ!~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている杉元真由美さん(仮名・32歳)にお話を伺いました。彼女は、地方の国立大を卒業し、タウン誌の編集部に就職。退職後は、ライターを目指して上京し、都内で派遣社員として働いています。

真由美さんは、派遣で好きな仕事をしようと決意します。

「最初の派遣先が堅い雰囲気だったので、次はクリエイティブな業界が良いと思って。今、流行のスマホ向けアプリのコンテンツ制作会社に入社しました。職場の雰囲気は、ジーンズでもOKだったし楽しかったんですよ。いつかゲームのシナリオも書けるって話もあったし、やりがいがありましたね。私は配信されるデータを、スマホで見られるように変換してアップロードする作業を担当していました」

オフィス系のソフトを苦手とする真由美さんには、単純作業で良いアプリ制作会社での仕事は快適でした。

「でも、データのアップロードが全部手作業で。しかもチェック体制がなかったんですよ。派遣に一任されていて」

ダブルワークによる睡眠不足からくる不注意。真由美さんは重大なミスを犯してしまう。

「最終的に配信できてないっていう事態が起きて。ちょっとミスしてしまうと、全責任を私が負わせれていたんですよ。謝るしかないんですけど。上長の女性に“あなたのせい”って凄く言われて。データをさかのぼって調べたら、かなり配信されていないデータが見つかってしまって」

派遣会社への信頼をも失いかねないこの杜撰な勤務態度。

1 2