堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】 ダメ男にハマり、脱毛症。派遣を続ける理由は○○だった?~その2~

彼氏の薬物トラブル以来、長期派遣ではなく短期派遣を繰り返していると言う由紀さん。

「なんか怖いんですよね。住所とかから彼の事がバレたらどうしようって思って。本当は、事務よりDTPオペの方が時給がいいんですけど。職場の人間関係とか面倒くさくて。でも短期派遣を繰り返していたら、社歴が凄い事になってきちゃって……」

しきりに前髪に手をやりながら話す由紀さん。

「実はこれ、ウィッグなんですよ。円形脱毛症ができてしまって。派遣同士でランチとかした時に、“今までどこで働いていた?”みたいな話題になると、なんて答えようって悩んだり」

彼女にとっては、「正社員」というこだわりとは無縁でした。

「派遣同士で深く話す機会あまりないのですが、たまにいますよ。統合失調症がバレるのがイヤで派遣やってる子とか。親と仲が悪くて彼氏と住んでいて、正社員になる時に必要な保証人になってくれる人がいないから派遣とか」

DTPオペレーターとして再就職は目指さないのか聞いてみると、

「それはないですね。でも気づいたら、20代のほとんどが派遣になってしまって。中途半端に契約社員とかよりも、気が楽って言うのはありますね。自分の中での法則があって、時給が高い方が仕事が楽なケースが多いんですよ。それだけ余裕がある企業だから、責任ある仕事とか任されないんですよね。逆に時給が低くても良いって探すと、だいたい忙しくて残業もあるような部署が多いですね」

同じ職場で信頼やキャリアを積み重ねるよりも、常に新しい職場環境や、業務をこなす方が向いているという由紀さん。

「契約終了の時期が近づくとホっとしちゃうんですよね。どんなに仕事が嫌でも、あともう少しだって頑張れるって言うか。“職場がちょくちょく変わると大変じゃない?”って聞かれたりもするのですが、同じ職場にずっといなければならない方が苦痛って言うか」

大卒程度の常識や、OAスキルなどがあれば20代~30代のうちは、派遣での就業は難しくないと言えます。しかし、オフィス系ソフトも次々とアップデートされ、DTPのような技術が必要なソフトはレベルが上がっていきます。

何もしないまま30代や40代を迎えた時、同じような派遣の仕事に就けるとは限らないのです。しかし、そのような危機感がないまま、派遣をずるずると続けている女性たちも多いのが現状です。

02

ケアンズの海でダイビングしたのが最高の思い出という由紀さん。現地では彼氏が一人で出歩いて一緒にいない事が多く、部屋に引きこもっていたとか。

1 2