堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】 TOIEC800超えの有名大卒が、派遣先で雇止めに遭うまで~その1~

就労状況にある女性の57%が非正規雇用という現代。非正規雇用のなかで多くの割合を占める派遣社員という働き方。自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、数か月前まで派遣社員として働いていた後藤紀子さん(仮名・27歳)にお話を伺いました。紀子さんは現在、妊娠6か月。幸せなマタニティーライフのはずですが、「色々予定外だった」と言います。今回は紀子さんに、どうして派遣で働いていたのかを聞いてみました。

紀子さんは、県内で一番学力が高い女子高に進学しています。

「中学の時は英語で学内1位を取ったり。勉強はそこそこできました。高校は女子高だったのですが、卒業生には女子アナになった人もいたり。努力家の人が多いですね」

大学は経済学部に進学します。

「経済学部は食いっぱぐれがないって言われたんですよね。あまり関係なかったですが」

大学時代は特にサークル活動も行わず、真面目に勉強し単位も落とすことなく卒業できたといいます。

「就職活動はマスコミを中心に、何十社か受けました。でも全敗で。就職情報サイトに載っている人って、有名大学の人がほとんどですが、実際に希望通りの企業に就職できる人って、その中でも何割かの人だけなんですよね」

結局、就職先が決まらないまま、卒業を迎えたと言います。

「基本的に勉強は苦ではなかったんですよ。でも普通の学生って、就活では特に必要とされていないんですよね」

1 2