堅実女子ニュース&まとめ 連休中に観るべき! 思春期の切なさにホロリとくる、フランス発の青春映画『グッバイ,サマー』

暑い夏も終わりに近づいてきました。空気がひんやりとし始めた9月。夏の終わりを感じると、なんだか切ない気持ちになりますね。今回は、過ぎゆく夏にぴったりな青春映画を紹介します。

監督のミシェル・ゴンドリーってどんな人?

フランスの映画監督、ミシェル・ゴンドリーが手がけた『グッバイ,サマー』は2人の少年の旅を描いた作品。ミシェル・ゴンドリーは、もともと映像作家で、ビョークや、ケミカル・ブラザーズ、ザ・ローリング・ストーンズ、レディオヘッド、ダフト・パンクなど、名だたるアーティストのPVを製作。

2001年には『ヒューマン・ネイチャー』で監督デビュー。その後、ジム・キャリー主演の『エターナル・サンシャイン』でアカデミー賞脚本賞を受賞。その後もガエル・ガルシア・ベルナル主演の『恋愛睡眠のすすめ』や、オドレイ・トトゥ出演の『ムード・インディゴ うたかたの日々』などの長編映画も手がけました。

ゴンドリーは、CGやSFXを多用するタイプではなく、ハンドメイド感あふれるセットや、独特の色使いを駆使した空想的な世界を作り出すのを得意としています。

 

思春期ならではの反発と葛藤が懐かしい!

『グッバイ、サマー』 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:アンジュ・ダルジャン、テオフィル・バケ、オドレイ・トトゥ 絶賛公開中 (C) Partizan Films- Studiocanal 2015

『グッバイ、サマー』 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:アンジュ・ダルジャン、テオフィル・バケ、オドレイ・トトゥ 絶賛公開中 (C) Partizan Films- Studiocanal 2015

『グッバイ,サマー』は、フランスの郊外・ヴェルサイユに暮らすダニエルとテオという14歳の少年が夏休みに自作の移動小屋(クルマ)で旅に出るというロードムービー。

 (C) Partizan Films- Studiocanal 2015

左がダニエル、右がテオ。テオの革ジャンが、マイケル・ジャクソン風。(C) Partizan Films- Studiocanal 2015

細身で幼い顔、長い髪のダニエルは絵の上手な男の子。片思いのローラには見向きもされず、友達からは背の低さから「ミクロ」と呼ばれています。確かに「あれ、本当は女の子なのかな」と一瞬疑うほど、ダニエルは可愛い!

転校生のテオは、廃材を集めて自転車を改造する独創的な男の子。ガソリンの臭いが染み付いているので学校では「ガソリン」と呼ばれます。ダニエルは親との関係がうまくいかず、創造と空想で辛さをカバーしています。

テオはダニエルの絵の才能を讃え、ダニエルはテオの決断力と優しさに何度も救われます。そんなふたりは、あっという間に親友となり、夏休み最後の思い出に旅へでることを決意します。

1 2 3