堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】副業レイヤーとして撮影会モデルに。職場バレが怖くて派遣社員へ~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている内田理恵さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

彼女は、厳格な父が嫌で地元を出て、大学進学を期に上京。漫画喫茶でのバイトに精を出しすぎ、大学を中退。同棲していた彼氏とも別れることになり、寮設備があるスーパーへ就職します。

偶然の出会いによって、理恵さんの生活は一変します。

「販売会の売り子としての手伝いだったのですが、“撮影してもいいですか?” と声を掛けられて。その時に写真を撮っていたカメコと呼ばれるカメラ小僧の人が、撮影会のセッティングをしてくれたんですよ」

それまで息苦しいスーパー勤務の寮生活だったという彼女。

「最初はポージングもできないし、うまく笑えないし酷い状況だったのですが、部屋で練習したりして。定期的に撮影会モデルを始めたのですが、1回で数万円のギャラが貰えて」

次第に、レイヤーとしての活動が忙しくなります。

「衣装とか自前で用意するようになったり、シフトがない日の外出が増えたりで、寮になんとなく撮影会の事がバレたんですよね。副業扱いになるらしくて、スーパーの仕事は朝が早かったり、きつかったので辞めて退寮しました」

今度は就職活動はせずに、派遣会社に登録します。

「スーパーは高卒と同じ扱いだったので、不満だったんですよ。派遣に登録したのですが、大卒として登録しました」

派遣先の職種や業界は選ばなかったと言います。

「事務経験がないので、最初はコールセンターの受信を紹介されました。損保の受付だったんですが、スーパーと違って自己申告でシフトも組めるし、これなら副業できるなって」

1 2