堅実女子ニュース&まとめ 【東京深夜0時、結婚しない女】「男は裏切る、仕事は裏切らない」雑誌編集者・美加~その1~

東京に生きる結婚しない女性の姿を描いた物語。今回の主人公は、ファッション雑誌の編集者・美加(37歳)。美人で仕事ができる彼女は、なぜ独身の道を選んだのでしょうか……?

☆☆☆

表参道の駅に着いた時、ふと空を見上げた。星も雲の影もない。明るいのか暗いのかよくわからない平面的な東京の夜空は、まるで仕事以外何もない自分のように退屈なトーンだ。

37歳、独身、東京で生活して19年になる。ここ数年は深い交際をした男性もいない。ともに暮らす家族はペットさえもいない。

堀内美加は、サンローランパリのグレーのボストンバッグからiPhoneを取り出した。1時間ほどチェックしていなかったので、何らかのメッセージやLINEが入っているかと思ったのに、アプリのアイコンには何のマークもついていなかった。入っていればうっとうしいが、無いとさみしい気持ちになる。「ホントに勝手なんだから」と大きな声で独り言をしても、誰も足を止めない。

孤独を感じるとInstagramを立ち上げるのは、ここ半年くらいの習性だ。4.7インチの明るい画面に映し出される正方形に切り取られた世界に、片っ端から「❤」を押しまくる。指がためらうのは、同期やかつての仕事仲間がアップした、赤ちゃんや夫婦のツーショット写真だ。幸せそうな写真こそ「❤」を押さないと、嫉妬していると思われる。そんなことを考えながら、東京メトロ半蔵門線のホームへと向かった。

最終電車がホームに滑り込んできた。電車の窓ガラスには、HYKEのデニムスカートに、sacaiの白のサマーセーター、beautiful peopleのトレンチコートを羽織った美加の姿を映す。37歳にしては体の線がほっそりしていて、背が高いからモードな服が似合っているはずだ。カルティエのタンクフランセーズは0時9分を指している。25歳の時に購入したステンレスタイプだ。これを一緒に買いに行ったのは、当時交際していた、同期入社の仁志だった。なけなしの40万円をカウンターに積み上げる美加を見ながら、「やっぱり、美加はしっかりものだな。40歳の時に美加と結婚してたら、こっちのゴールドのやつをプレゼントしたいな」と言っていた。

40歳になったら、時計をプレゼントしたいと言った彼は……?

1 2