堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】 藝大卒から派遣社員に。個性が強すぎて契約終了!? ~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている松井洋子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。

彼女は、高校時代につきあっていた美術講師との出会いがきっかけで、東京藝大を目指します。2浪の末、見事合格しますが、希望通りの業界には就職できず就活は全滅。小さなデザイン会社で、デザイナーとして働き始めます。

洋子さんはデザイン会社に就職したつもりでしたが、実際の業務内容はデータの流し込みがほとんどだったとか。

「募集業種がデザイナーだったんですよ。でも実際、入社してみたらデザインどころか、普通にデータの流し込みだけで。指示通りにした方が、かっこ悪いっていうか。しかも、営業も行なわなければならなくて、母校の女子校に行って、受験生向けの冊子編集の仕事を頼み込んで貰ってきました」

日本美術界には藝大をトップとしたヒエラルキーが存在していると言います。

「あとデザイン会社の社長が、〇〇卒(地方の私立の美大)なんですよ。それなのに、凄く威張っていて。なにかあると私に“それで芸大卒なの?”って言ってきて。“自分で営業もできなくちゃ、デザイナーとして一人前ではない”って嫌味を言ってきたり」

社長の態度に腹を立てた洋子さんは、驚くような行動に出ます。

「飲食店の販促物デザインを担当していて、そういうの実家の印刷所でもよく見ていたから得意っていうか。目立たなくちゃ損なんですよ。打ち合わせで貰ったデータを、私の方で組み直して先方に確認せずに入稿したら、むちゃくちゃ怒られて」

洋子さんは、自分のセンスに絶対の自信を持っているように見えます。

「絶対、文字組とか配置とか、私がやった方がデザインとしてはかっこいいんですよ。でも“飲食店に寒色はよくない”とか、“わかりづらい”とか直しばかりで」

1 2