堅実女子ニュース&まとめ 【サードウェーブ女子〜アラサー女子上京物語〜】和歌山の田舎娘、不徳な恋にハマった社会人生活~その1~

地方出身の女性が東京に上京するタイミングは、実は3回あります。

第1の波:「ファーストウェーブ」地方の高校を卒業し、東京への進学。

第2の波:「セカンドウェーブ」地方の学校を卒業し、東京への就職。

この2つの波はよく知られていますが、第3の波が存在していることは、あまり知られていません。

第3の波:「サードウェーブ」それは、

30歳前後で地方での人生に見切りをつけ、東京に新たな人生を求めて上京する独身女性達の潮流。

この波に乗り、30歳前後で地方から東京へ上京してきた独身女性達を『Suits WOMAN』では 「サードウェーブ女子」 と名付けました。地方在住アラサー独身女性はなぜ東京を目指したのか? その「動機」と「東京での今」に迫りたいと思います。

☆☆☆

今回お話を伺ったサードウェーブ女子、渡辺陽子さん(仮名・36歳)は和歌山県出身。長い黒髪に赤い口紅が良く似合う派手な顔立ちをしています。体のラインがクッキリとわかる服を着こなしており、全体的に艶っぽい、男性を引きつけるような雰囲気がする女性です。彼女は現在、派遣スタッフとして働いています。

――「東京」ってどんなところだと思っていましたか?

「スマートな街ですかね。中学生ぐらいの頃から憧れは持っていました。私はキラキラしたものが昔から好きだったので、東京に行けばみんなキラキラできると思っていましたね。地元の友達は関西や名古屋に行く子が多かったんですが、私は他と違うことがしたいと、関西より東京に憧れていましたね」

陽子さんは和歌山県出身。和歌山駅から約2時間も電車に揺られた海岸近くののどかな地域で生まれ育ちます。建築関係で働く父、スーパーでパートをしていた母、3歳上の兄との4人家族で、特に厳しくもなく甘やかされた記憶もないごく一般的な家庭で育ちます。地元の高校を卒業後、大阪の大学に進学を機に、一人暮らしを始めます。

「子供の頃は本当にわんぱくな子でしたね。クルマで5分ほど行ったところに海岸があり、よく家族や友達と泳ぎに行っていました。友達とは自転車でどこでも遊びに行っていたので常に肌は真っ黒でしたね。高校までは特に親に迷惑をかけることなく真面目に過ごしていました。唯一の悪いことといったら夜中に家を抜け出して、海岸沿いで友達とおしゃべりをするくらいでしたね。親にはいい子で通っていたので、大学は自分の好きなところに行かせてもらいました。この時はすでに東京に憧れはあったんですが、仲のいい友達で地元を離れる組のほとんどが大阪や京都だったので、一人ぼっちで東京に行く勇気がなくて大阪の大学へ進学しました。大学では経済を学びました。特になりたいものもなかったので、無難に就職に有利な大学を選んだ感じです。ちょっとだけ都会で遊びたいという気持ちもあって、その思惑通り大学ではちょっと弾けてしまいましたね(笑)。夜遊びや合コンなど大学生活は充実していました。でも彼氏はできなかったんですよね。モテなくて……」

就職は大阪で、そして初めての彼氏が……!!

1 2