堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】シナリオライターを目指すも、ビジュアル系バンドの「バンギャ」活動にハマり、派遣社員へ~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている関根奈々子さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。奈々子さんは、地元にいた頃にシナリオスクールに通っていたと言います。少し明るめのセミロングの髪色に、大き目の唇に目鼻立ちのはっきりした顔立ち。ダマになっているマスカラときつめのアイラインを引いた目元は、最近のトレンドよりは、一昔前のメイクのような印象を受けます。近所の古着屋で買ったという薄手のカットソーに、ロングカーディガンを合わせ、レース柄のスカートに生足、季節外れのサンダルを履いています。

「〇〇(バンド名)って知っていますか?」

奈々子さんは、ビジュアル系と呼ばれるバンドのドラマーとつきあっていると言います。こちらがバンド名や、メンバー名を口にすると、

「(小声で)ダメです! 誰が聞いているかわからないので小声でお願いします」

取材した店のテーブルを、自前の除菌ウェットティッシュで拭く仕草は、神経質そうな印象を受けました。上京する前は、広告代理店の社員だったという奈々子さん。今回は、そんな彼女にどうして派遣で働いているのかを聞いてみました。

「父親も母親も公務員で。地元から出たことがないような人たちで。特に母が凄い潔癖症というか、“キスシーンがあるから月9は見ちゃダメ”って言われていたような家庭で育ちました」

地元にいた頃は、何不自由なく育ったと言います。

「中高大と、地元の女子校に通っていました。実は母親も叔母も、そこの女子校出身なんですよ。他の選択肢はなかったというか、自然な感じで進学しましたね」

就職活動自体は、本気ではなかったそう。

「大学は国文科で、論文とか得意だったんですよ。一応、東京の企業もエントリーして受けて。書類が通った企業もあったのですが、試験で落とされて。親はとりあえず、東京の企業も受けるだけ受ければ気が済むでしょっていう雰囲気でした」

お見合い相手はおじさんばかり!?

1 2