堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】学生時代はコミュ障で引きこもり。ゲームにハマりすぎて深夜徘徊! ~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている佐々木香苗さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。香苗さんは、伸ばしっぱなしのボサボサ気味の黒髪を後ろに1つにまとめ、量販店で見かけるような英文字の入ったカットソーに大き目のパーカーを羽織っていました。メイクはほとんどしておらず、やや伏し目がちに会話する姿が暗い印象を与えます。ナイロン製のショルダーバッグには、UFOキャッチャーで取ったというアニメキャラを模したキーホルダーが付けられていました。

「UFOキャッチャーってコツがあって、人気のあるキャラだと高値が付くのでオークションサイトなどで転売しています」

香苗さんはゲームやアニメ好きが高じて、ゲームセンターで貰える景品や人気アニメの限定グッズなどを手に入れ、オークションサイトなどで転売する「セドリ」でお小遣い稼ぎをしていると言います。

「普段はコールセンターで働いています。時給とかこだわらないので、あまり稼げないのですが、気楽な方がいいので」

取材中も、スマホにはゲーム中の画面を表示させたままだった香苗さん。今回は、そんな彼女にどうして派遣で働いているのかを聞いてみました。

「実家は飲食店で。いわゆる中華料理店なのですが、カレーライスもあるような店で。一時は経営の方もうまくいっていて2店舗ほどやっていたのですが、高校生くらいの時に1店舗は閉店して。少し前にもう1店舗も畳んで、父は清掃スタッフとかやっています」

両親と同居していたころは、料理人の父が怖かったと言います。

「子供の頃は貧乏で、狭いアパートで父と母と兄と家族4人暮らしていました。自分の部屋がなかったので、押入れを自分のスペースにして寝たり、そこで兄のお古の漫画読んだりしていました」

勉強も好きではなく、学校生活はつまらなかったそう。

「高校は都立だったのですが、家でゲームやったり漫画読んだりしてあまり行かなくなって。親とも、ご飯を食べる時以外は顔をほとんど会わせないような生活をしていましたね」

ゲームが好きで、アミューズメントパークの店員に!

1 2