9割が「節約」を意識している! 目的は? どこを削る!?

9割が「節約」を意識している! 目的は? どこを削る!?

4月からの増税を前に、節約意識も高まりつつありますね。
ポイントサイト「ハピタス」を運営する株式会社オズビジョンは、半年に1回以上インターネットショッピングを利用している20~59歳の男女300人を対象に「節約とショッピング」をテーマにしたアンケートを実施。みんなの節約意識は!?

9割以上の人が「節約」を心がけ、実施中

普段の生活での節約意識については、94.0%が「とても意識している」(「ある程度意識している」「やや意識している」合算)と回答しました。
これまでに行ったことのある節約法については、1位「ポイントを貯める」(87.9%)に。世帯年収別では「ポイントを貯める」は全項目で9割弱の回答率となっていることから、多くの人が行っている、節約の王道と言えそうです。また、全体2位の「インターネットで買い物をする」では、「300万円未満」が54.3%に対し、「800万円以上」は78.6%と、20ポイント以上の差がつく結果に。

kenjo2014_0310_01

節約の目的については、1位「貯金するため」(55.0%)、2位「生活費を確保するため」(51.4%)、3位「欲しい物を購入するため」(26.6%)という結果に。世帯年収別で見ると、「300万円未満」「300万円~500万円未満」1位は「生活費を確保するため」、「500万円~800万円未満」「800万円以上」の1位は「貯金するため」となっていました。

kenjo2014_0310_02

目標は月2万円の節約!

節約したい項目の1位は「公共料金」(68.8%)、2位「食費」(54.3%)、3位「日用雑貨」(29.4%)。日常に不可欠なインフラこそ節約したいと考えている人が多い傾向にあります。一方、「レジャー・エンターテインメント」「趣味」などは回答率が低く、節約中でも続けたいと感じている人が多いよう。

kenjo2014_0310_03

さらに、1か月間に節約したい金額として最も多かったのは「1万円以上~2万円未満」(45.0%)。「1万円未満」(24.1%)を合わせると、7割近くの人が月2万円未満の節約を目指しています。

kenjo2014_0310_04

現在のインターネットショッピングの利用頻度を1年前と比較すると、4割の人が「増えた」と回答。利用する理由としては、1位「買いに行く手間が省けるため」(62.3%)。次いで「価格が安いため」(61.7%)、「ポイントや特典が多いため」(55.0%)が続きました。時間や手間の節約になり、ポイントなどの特典も込みでおトクな買い物ができる、という点がインターネットショッピングの魅力。いろいろと比較をしながら、賢くショッピングを楽しみましょう!

婚活 仕事運 運勢 美人探偵 貧困女子 恋愛運 恋愛 占い 浮気事件簿 恋愛講座 アラフォー アプリ 浮気 結婚 キャリア アラサー セカンド 不倫 その1 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。