堅実女子ニュース&まとめ 【サードウェーブ女子〜アラサー女子上京物語〜】広島県女子、人との距離を計りきれず逃げるように東京へ~その1~

地方出身の女性が東京に上京するタイミングは、実は3回あります。

第1の波:「ファーストウェーブ」地方の高校を卒業し、東京への進学。

第2の波:「セカンドウェーブ」地方の学校を卒業し、東京への就職。

この2つの波はよく知られていますが、第3の波が存在していることは、あまり知られていません。

第3の波:「サードウェーブ」それは、

30歳前後で地方での人生に見切りをつけ、東京に新たな人生を求めて上京する独身女性達の潮流。

この波に乗り、30歳前後で地方から東京へ上京してきた独身女性達を『Suits WOMAN』では 「サードウェーブ女子」 と名付けました。地方在住アラサー独身女性はなぜ東京を目指したのか? その「動機」と「東京での今」に迫りたいと思います。

☆☆☆

今回お話を伺ったサードウェーブ女子、足立聡美さん(仮名・37歳)は広島県出身。丸いフォルムに整えられた黒髪ボブカットにカジュアルな服装を着こなしており、実年齢より若く見えます。化粧っ気はないものの派手な顔立ちのすっぴん美人ですが、ボソボソとしゃべる感じはおとなしい印象を持ちます。彼女は現在、派遣社員としてテレアポの仕事をしています。

――「東京」ってどんなところだと思っていましたか?

「華やかな印象がありました。テレビで見ていただけなので、日本で一番の都会で、色んなものが揃っている街というイメージしかないですね。憧れは持っていたと思いますが、特に意識したことはありませんでした。学生時代は雑誌を見て、この店も東京かぁ~と、いつか旅行で行きたいところという感じで住みたいとは思っていませんでした」

聡美さんは広島県出身。広島駅から路面電車で10分ぐらいのところの住宅街で生まれ育ちます。サラリーマンの父、専業主婦の母、3歳下の妹との4人家族。地元の高校を卒業後に地元の大学へ進学します。

「地元はすごい都会でもなく、でも田舎過ぎでもなく不便に感じたこともありませんでしたし、地元は好きでした。でも母親が過干渉というか、ちょっと過保護気味で、それが高校時代からしんどかったんですよね。友達の家族はそんなに干渉している感じもしていなかったので、自分の中に母親との距離に違和感しかない学生時代でした……。妹にも母親は同じ感じだったんですが、妹はそこまで違和感はなかったみたいで、そこも自分はおかしいのかもと考えさせられてさらにしんどくなっていて……。親には当然のように地元で進学しろと言われた通り、地元の大学へ進学しました。そこで1人暮らしをしたかったんですが、反対されて実家から通っていました。大学では心理学を学びました。心理学を目指したのは、母親との距離感や、友達との間でもふと距離を感じてしまうタイプだったので、世の中の人間関係に悩んでいる人の手助けができればと思ったからです。実際に実習では支援センターなどで子育てに悩んでいる母親の相談に乗ったりすることもあり、それなりに色々学べたと思います」

就活はすべて失敗……アルバイトを始めますが……!?

1 2