堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】生真面目な国立大卒。上司のため口にぶちキレで契約終了~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている山本茜さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

彼女は、地元でも有数の進学校を卒業後、国立大学に進学し司書の資格を取得します。地元で営業職として就職するも、ハードワークで退職。仕事のあてもなく上京し、大型書店の書店員として働き始めますが、店舗の閉店によりあえなく失職。再就職活動を余儀なくされます。

新卒で就活をしていた時と違い、再就職は困難を極めました。

「就活はほとんどが書類落ちで。面接に行く交通費がもったいなくて、自転車で1時間かけて行ったり。ほんの10分ほどの面接で落とされたりするので落ち込みましたね」

生活に困った茜さんは、書店で一緒に働いていた男性と同棲を始めます。

「相方の家に住み始めました。私は都心から外れたところに住んでいたので、相方の住んでいた場所は、どこに行くにも便利だったんですよ」

最初は正社員にこだわっていましたが、派遣で仕事を探し始めました。

「自転車で行くなら、交通費が出なくてもいいかなって。派遣に登録しました。エリアとか選ばないで都内全エリア勤務希望にして。住居が都心に近くなったら、案件の紹介も増えたんですよ」

スマホ向けのアプリを提供している、新興の会社を紹介されました。

「最初に“上司が自分よりも年下ですけどいいですか”って言われて。あまり想像ができなかったので、気にしなかったのですが、入社してみたらすごい仕事ができない人で」

仕事ができないタメ口上司への怒り

1 2