堅実女子ニュース&まとめ 【サードウェーブ女子〜アラサー女子上京物語〜】下関女子、狭すぎる地元に嫌気がさし東京へ。出会い系アプリで彼氏探しの日々~その1~

地方出身の女性が東京に上京するタイミングは、実は3回あります。

第1の波:「ファーストウェーブ」地方の高校を卒業し、東京への進学。

第2の波:「セカンドウェーブ」地方の学校を卒業し、東京への就職。

この2つの波はよく知られていますが、第3の波が存在していることは、あまり知られていません。

第3の波:「サードウェーブ」それは、

30歳前後で地方での人生に見切りをつけ、東京に新たな人生を求めて上京する独身女性達の潮流。

この波に乗り、30歳前後で地方から東京へ上京してきた独身女性達を『Suits WOMAN』では 「サードウェーブ女子」 と名付けました。地方在住アラサー独身女性はなぜ東京を目指したのか? その「動機」と「東京での今」に迫りたいと思います。

 ☆☆☆

今回、お話を伺ったのは、山口県出身の事務員・金山理子さん(仮名・32歳)。彼女は山口県下関市出身。年齢よりも幼く見える福原愛に似たルックスと、ときおり語尾に(……ちゃ)と方言が出てしまうところが、まだ東京慣れしていないのを感じます。中高と生まれ育った下関で過ごし、大学は博多で一人暮らしをしたと言う彼女。3年前の29歳の時に、上京しました。

「下関での生活に不満はなかったんですよ。ただ、ずっとここにいるのかな……って考えたら、少し不安になって、大学は博多にある私大に進学しました」

なぜ、博多を選んだのでしょうか?

「東京に出るには遠いって思って。大阪も考えたのですが、言葉が違いすぎるし怖かったので。福岡を選びましたが、やっぱり地元愛が強い人が多くて、気後れしましたね。高校生の時は、門司にデートに行ったりしていましたが、同じ福岡でも博多はやっぱり違うんですよね」

いきなり東京ではなく、博多を選んだ理子さん。博多での学生生活はどうだったのでしょうか?

「やっぱり博多でも下関と全然違いますよね。食べるところがいっぱいあるし、綺麗な人も多いし。高校は自転車通学だったし、地下鉄も下関にはないので、最初の頃は“都会に来た”って感じましたね」

セカンドウェーブでも地元に残ることを決意した理子さん。それがストレスの始まりだった。

1 2