堅実女子ニュース&まとめ 命をかけるほど頑張ったことありますか? 映画『聖の青春』に見る短くも濃い生き方

突然ですが、皆さんは、村山聖(さとし)という棋士を知っていますか? 
将棋の棋士といえば、羽生善治が有名ですが、村山は「東の羽生、西の村山」と呼ばれながら29歳という若さでこの世を去った天才棋士。
そんな彼の人生を描いた映画『聖の青春』が現在、大ヒット上映中。
今回は、村山の壮絶な将棋人生と、この映画の魅力を分析します!

生きること=将棋

村山聖(松山ケンイチ)は、幼少から「ネフローゼ」という難病を患い、常に高熱と全身のだるさと闘っていました。
彼が病床で出会ったのは、父が買ってくれた将棋セット。
村山は将棋の魅力に引き込まれ、将棋の名人になることを決意。日々将棋の腕を磨きます。

監督:森義隆 出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太ほか。©2016「聖の青春」製作委員会 配給:KADOKAWA

監督:森義隆 出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太ほか。©2016「聖の青春」製作委員会 配給:KADOKAWA

将棋で勝ち、名人になる。彼は人生のすべてを将棋にかけ、関西将棋会館の近くの風呂なしアパートでひとり暮らしを始めます。次第に頭角を現す村山のもとに現れたのは、東京でタイトルを取っている羽生善治(東出昌大)。
羽生との対局に敗れた村山は、打倒羽生を目標に、東京へ引っ越します。
「羽生に勝ち、名人になる。しかしボクには時間が無い」
体調を崩しながらも将棋にますますのめり込んでいく村山。
そして再び、羽生との対局を迎えるが……、というのが本作のストーリー。

©2016「聖の青春」製作委員会 配給:KADOKAWA

対局後は高熱を出して倒れることも。家族のように聖の世話をしたのは師匠の森信雄(リリー・フランキー)と、将棋仲間の江川(染谷将太)©2016「聖の青春」製作委員会 配給:KADOKAWA

難病を抱えながらも、村山は幼少時から「名人になる」ことだけを考え、進学も働くこともせず、ひたすら将棋に打ち込みます。

お金にも洋服にも無頓着で、対局で勝ち取った賞金も封筒に入れたまま本棚の奥にしまっている始末。
ただ将棋で勝つためにどうすればよいか、どんな一手を指せば良いか。彼の頭には将棋のことでいっぱいだったのです。

病を抱えても、命を削っても将棋を指したい。
命がけで勝負に挑む村山の姿は、見ている人の心にも火を付けます。
果たして自分は、ここまで夢中になってひとつのことに打ち込んだことがあるのだろうか。
もっと仕事もがんばれるのでは? もっとやりたいことをやればいいのでは? 
そんな疑問にぶち当たるはずです。

1 2 3