堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】派遣はつなぎ!? 夢は彼氏とお笑い番組を作ること~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている杉浦佳代さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。佳代さんは、左右がアシンメトリーになっている明るめな髪色のボブに、個性的な柄のオーバーサイズのシャツ、膝の部分がわざと穴が開いている細身のデニム、リーボックのポンプフューリーを合わせていました。服飾学科の学生のような個性的なファッションを身にまとっている彼女。趣味はバイクと、お笑い番組鑑賞と言います。

「もうすぐ年末なのでM-1の優勝予想が楽しみ」という彼女。関西出身のため、就職活動は大阪を中心に仕事を探したそう。

小学生の頃からテレビっ子で、お笑いが大好きだったと言う佳代さん。派遣は“やりたいことをするまでのつなぎ”という彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

「高校は付属校だったので、大学までエスカレーター式で進学できたんですよ。特に何がやりたかったというより、学部を決める学内のテスト結果が大きかったですね」

高校時代や大学時代には、特に打ち込めるようなものに出会わなかったと言います。進路も、やりたいことというよりも流れで学部を決めたのだとか。

「とりあえず、文系だったので文学部の心理学科へ進学しました。なんか面白そうって思って」

大学時代は、バイトをしたりのんびりと学生生活を謳歌していたそう。

「就活を本格的に始めたのが遅くて、4回生になってからなんです。上京するつもりはなかったので、大阪で仕事を探して。心理学の研究機関とか、生かせるところに就職したかったのですが、募集数が圧倒的に少ないんです」

最初から希望職種を絞り、早い時期から就活をしていた同級生と比べ、後れを取ってしまったのです。

「就職浪人になってしまいそうだったので、慌てて秘書検とか、医療事務の勉強をしました。なんとか中規模の病院での医療事務の仕事が決まったんですが、時給制で安くて……」

ところが、大学の卒業が近づき“やってみたいこと”に出会います。

「元々、お笑い番組が凄く好きで。テレビの制作会社に入って、自分も番組を作りたいって思ったんですよ。そのために1年、実家から大阪へ通って上京資金を貯めようって頑張りました」

テレビの制作会社で、佳代さんが経験したシビアな現実とは?

1 2