堅実女子ニュース&まとめ 【東京深夜0時、結婚しない女】「恋を叶えるには奇跡が必要」女子校育ち高齢処女、商社一般職・絵里香~その1~

東京に生きる、結婚しない女性のストーリー。今回の主人公は、話題の高齢処女。商社一般職・絵里香(37歳)は、なぜ美人なのにも関わらず、独身の道を選んだのでしょうか……?

☆☆☆

恋を叶えるには、多くの奇跡が重ならなくてはならない。

12月の金曜日、深夜0時、渋谷の道玄坂を下る谷口絵里香は、さまざまなタイプのカップルとすれ違いながら、つぶやいた。

スーツを着た男×白いファー付きコートを着た女、醜い中年男×ロリ系服女、ヒップホップ系ファッションの男×ニットキャップをかぶった女……多種多様な男女が、今夜愛を交わす相手と道玄坂を上がり、窓がひとつもない“やるための部屋”に吸い込まれていく。

絵里香と同じように渋谷駅に向かう人々に、シングルの男性もいる。絵里香は手当たり次第に「いっしょに飲みませんか?」と彼らに声をかけたい衝動に駆られた。

ふいに横を向くと、ビルの壁の一部が鏡になっていた。不意打ちで自分の姿を見ては「だれ、このオバさん」と思うことが増えた。人は自分が見たい世界を生きている。だからきっと、鏡を見る時は自分の姿をそっと“補正”するのだろう。

絵里香は鏡と向き合って立ち、ベージュのカシミアのコートの襟を正した。急に立ち止まったので、スーツ姿の男性がぶつかってきたが、彼の方から「あ、すみません」と足早に立ち去って行った。こっちが悪いのに謝られてしまうことも、最近増えたことのひとつだ。

処女でありながら、中年化する自分の肉体を持て余す……

1 2 3