【貧困女子】転職貧乏、カード自転車操業で会社から盗む贈答品と毎日ホケミ生活~その1~

【貧困女子】転職貧乏、カード自転車操業で会社から盗む贈答品と毎日ホケミ生活~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、アパレル関連の会社に勤務する大山理恵さん(仮名・35歳)。彼女は大学卒業後、転職を繰り返しており、「前の会社に長くいれば、こんなに困っていなかったかも」と話していました。

取材時の服装は、毛玉だらけのグレーのニットワンピース。上半身はガリガリと言ってもいいほどスレンダーなのに、下半身がドーンと太くアンバランスな印象を受けました。ヘアスタイルはかなりブリーチが入っているパッツンボブ。米版『VOGUE』の編集長、アナ・ウインターのような感じで、仕事がデキる女という雰囲気。サングラスをしていましたが、メイクを厚めに塗っているから、年齢よりも上に見えてしまいます。

ワンピースがグレーなのに、ブーツもグレー。スエード素材っぽいのですが、よく見ると量販店で売っているフェイクタイプで、ダルメシアン柄のフェイクファーがついています。バッグはフランスブランドのトートバッグ。リアルレザーのもので、15万円くらいするアイテムです。

彼女の月収は手取りで18万円。都内で1人暮らしをするには全く足りず、夜のアルバイトもしているそうです。今までのキャリアについてお話を伺いました。

「日本で一番学生の数が多い大学を出て、証券会社に就職しました。そこそこ大手だったので、長野の親は大喜びでした。しかし、入ってみれば、訪問販売みたいなセールスの仕事や、名刺を100枚交換するまで帰ってはいけないという謎の研修、屈辱的だった電話の受話器を左手にガムテープで止めてテレアポするなど、今では考えられないことが行なわれている、パワハラ極まる世界でした」

真面目な女は損をすると痛感する

1 2
恋愛運 アプリ 恋愛 アラサー 金運 アラフォー 貧困女子 恋愛講座 浮気 キャリア 美人探偵 占い 運勢 その1 浮気事件簿 セカンド 時短 結婚 婚活 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。