堅実女子ニュース&まとめ 【派遣女子・どうして更新されないの?】3か月後の未来がわからない、結婚へのふんぎりがつかないモラトリアム女子~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている杉浦梓さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。

彼女は、社会人になった今も埼玉にある実家から通勤しています。中高と地元の学校に通学し、普段の休日も実家から近い大宮で過ごすと言います。就職先の百貨店の支店の閉店が相次ぎ、遠方の店舗に配属になったのを機に退社します。そして、年上の彼氏との結婚を意識し、仕事をセーブし始めます。

販売業の求人はパートやバイトが多く時給が安いため、派遣会社に登録することにしました。

「退職後は、スマホとかで検索して接客業中心の派遣サービスに登録しました。百貨店の売り場というより、アパレルブランドが、自社の足りないスタッフを補っているケースが多かったですね」

基本的には、接客自体は他の売り場に代わってもやり方は変わらないそう。

「色々やり方がわかっているので、話を聞かずにやろうとしてしまって衝突とかありましたね。ただ、ある程度配属先の希望エリアは聞いて貰えたのでやりやすかったです」

特に資格もスキルも必要とされない接客業の仕事は楽でしたが、条件の悪さからデスクワークを希望します。

「時給も安いし、同じ販売職なのにボーナスがないのはきついなと思って。25歳くらいまでは未経験の職種でも入りやすいと聞いていたので、普通の派遣会社にも登録しました」

最初は、医療器具を扱う業者の事務として派遣されました。

「販売の時は、売り場にあった共通のパソコン1台を使っていたのですが、まず1人に1台預けられるのが驚きましたね。メールアドレスも付与されたので、なんかOLっぽいなって思いました」

梓さんの頭を悩ましているのは、彼氏とこのままつきあうか、別れるかと言うこと。

「まだ地元にいたいけれど、今の彼氏とも別れたくなくて。彼氏のお父さんが元気なうちはいいのですが、具合が悪くなったりしたらすぐに向こうに帰ると言っていて。そんな時に、自分が正社員だと迷惑がかかっちゃうなって思うんですよね」

定時で退社した後の時間つぶしが日課……

1 2